メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

精巣捻転症

-
-

精巣捻転(せいそうねんてん)症とは精巣が回転して精管がねじれてしまった状態で、精巣への血流が妨げられます。

精巣捻転症とは

精巣捻転症とは

精巣捻転症は思春期から25歳ごろまでの間に多く発生しますが、どの年齢でも起こる可能性があります。精管や精巣を覆う膜の発達に異常があると、後年、精巣捻転症が起きる原因になります。精管がねじれて精巣への血流が遮断されてしまうと、治療しない限り、6〜12時間以内に精巣は壊死します。

精巣に突然、激しい痛みと腫れが起こります。痛みは腹部から発しているように感じられ、吐き気と嘔吐を伴います。患者の症状説明と診察所見に基づいて診断が行われますが、超音波検査などの結果から診断することもあります。精巣は短時間のうちに壊死してしまうので、精管のねじれを戻す緊急手術が必要です。手術では、ねじれが再び生じないように、両方の精巣を安定させる処置を行います。

個人情報の取扱いご利用条件