メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

精索静脈瘤

-
-

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)とは、精巣に静脈瘤ができた状態です。

静脈には血液の逆流を防ぐ弁があります。精索内の静脈弁に障害があると、血液が逆流して静脈が拡張し、静脈瘤が発生します。精索静脈瘤は左側にできることが多く、たいていは無症状です。しかし、痛みや突っ張り感などの不快な症状を生じる場合もあります。立っているときは、陰嚢に虫が入っているような感じがしますが、横になると静脈の拡張が治まって腫れが引きます。まれに、精索静脈瘤が原因で生殖機能が損なわれることがあります。

症状が重い場合は、手術で病変のある静脈を縛る方法(結紮[けっさつ])により治療します。

個人情報の取扱いご利用条件