メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

前立腺肥大症

-
-

前立腺肥大症(良性前立腺過形成)とは、前立腺に良性(非癌性)の増殖物ができて肥大するもので、排尿が困難になることがあります。

前立腺肥大症は年齢とともに増え、特に50歳以上になると多くみられます。はっきりした原因はわかっていませんが、ホルモン、特にテストステロンの変化と関係があると考えられています。

前立腺が肥大してくると尿道が徐々に圧迫され、尿の流れが妨げられるようになります(尿道閉塞)。前立腺肥大症の人では、排尿した後も膀胱が完全に空にはなりません。その結果、尿が膀胱内に長くとどまるため、腎臓結石ができやすくなり、尿路感染症にかかりやすくなります。閉塞状態が長びけば、腎臓に損傷を与えるおそれもあります。

市販の抗ヒスタミン薬や鼻づまりの薬には、尿の流れを悪くしたり膀胱の収縮力を低下させる作用があるので、前立腺肥大症の人が使用すると、一時的に尿閉(尿を自力で排泄できない状態)が起こることがあります。

症状

前立腺が肥大して尿の流れが悪くなると、前立腺肥大症の最初の症状が現れます。まず尿が出にくくなり、残尿感を感じることもあります。膀胱が完全に空にならないので、排尿回数が増え、夜もたびたびトイレに通うようになり(夜間多尿)、排尿への要求が切迫してきます。尿の量が大幅に減って勢いが弱まり、排尿が終わるときに尿がポタポタと滴るようになります。

このほか少数の人に、以下のような症状がみられることもあります。尿道が閉塞して尿閉状態になると、膀胱内の圧力が上がって腎臓から尿が流れにくくなり、腎臓に大きな負荷がかかります。圧力の増大は腎機能を損なうおそれがありますが、閉塞が早く解消されれば一時的な影響で済みます。閉塞が長びくと膀胱が伸びきった状態になり、尿があふれ出るようになります(溢流[いつりゅう]性尿失禁(尿失禁: 溢流性尿失禁を参照))。膀胱と一緒に、膀胱や尿道の小静脈も引き伸ばされるため、排尿しようと力を入れたときに静脈が破裂し、血尿が生じることがあります。尿閉になることもあり、尿がまったく出なくなり、下腹部に膨満感と強い痛みが生じます。

診断

直腸診で前立腺に触れて肥大の有無を調べます。医師は手袋をして潤滑剤をつけた指を直腸に挿入します。あお向けに寝たとき、直腸の上にあるのが前立腺です。前立腺肥大症の前立腺は肥大し、なめらかな手ざわりですが、触れても患者に痛みはありません。

血液サンプルを採取して腎機能を調べます。前立腺肥大症の人で前立腺癌が疑われる場合は、血液中の前立腺特異抗原(PSA)の濃度も測定します(PSA検査)。感染の有無をみるため、尿サンプルを調べる場合もあります。

通常はこれらの検査で十分ですが、診断がはっきりしない場合や、前立腺肥大症の進行程度がわからない場合は、さらに検査を行います。超音波検査で前立腺の大きさや、排尿後に膀胱に残っている尿の量を測定します。あるいは、患者が膀胱を空にしようと力んだ後に尿道にカテーテルを挿入して、尿閉の程度をチェックします。

治療

特に不快な症状や合併症(尿路感染症、腎機能障害、血尿、腎臓結石、尿閉など)がある場合を除き、治療の必要はありません。

治療をする場合には、まず薬物療法を行います。アルファ遮断薬(テラゾシン、ドキサゾシン、タムスロシンなど)は前立腺と膀胱の筋肉の緊張をゆるめ、尿を出やすくします。フィナステリドのような薬には、前立腺を発達させる男性ホルモンの働きを逆行させる作用があります。このような薬を使えば前立腺をある程度小さくできるので、手術や他の治療を先に延ばすことができます。しかし、フィナステリドは3カ月以上服用し続けないと効果が得られず、服用しても症状が改善しない患者も多いという問題があります。

薬の効果がみられない場合は手術を行います。症状を緩和するには手術が最も良い治療法ですが、合併症を引き起こすことがあります。最もよく行われる手術は経尿道的前立腺切除術(TURP)で、内視鏡を尿道に挿入して行います。内視鏡には手術用の器具が装着してあり、これで前立腺の一部を切除します。この方法は脊椎(せきつい)麻酔で実施でき、開腹手術をせずにすみます。

経尿道的前立腺切除術は1晩の入院が必要で、感染や出血などの合併症のリスクがあります。またこの治療を受けた患者の約5%が尿失禁になります。通常は一時的なものですが、永久的な尿失禁になる患者も約1%います。また、治療を受けた患者の5〜10%に永久的な勃起機能不全が起こり、約10%で5年以内に再手術が必要になります。この治療ほどの効果は期待できないものの、合併症のリスクが低いという理由で、他にもさまざまな外科的治療法が行われています。その多くは特殊な装置を尿道に挿入して行うもので、マイクロ波の熱(経尿道的高温度療法または経尿道的温熱療法)、針(経尿道的トランスアブレーション)、超音波(焦点式高密度超音波療法)、電気的蒸散(経尿道的電気蒸散療法)、レーザー(レーザー療法)で前立腺組織を破壊します。尿道に挿入したバルーンをふくらませて強制的に前立腺を広げる方法(経尿道的バルーン拡張療法)もあります。

前立腺肥大症の本格的な治療の前に、尿路閉塞が原因で生じている問題を治療します。尿閉があれば尿道から膀胱にカテーテルを通して排尿し、感染があれば抗生物質で治療します。

個人情報の取扱いご利用条件