メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

前立腺炎

-
-

前立腺炎は、前立腺に痛みと腫れが生じる病気です。

前立腺炎の原因は明らかではありません。細菌性の感染が尿路や血流から前立腺に広がることで、前立腺が炎症を起こす場合があります。細菌の感染による前立腺炎はゆっくりと発症して再発を起こすこともあれば(慢性細菌性前立腺炎)、急速に進行することもあります(急性細菌性前立腺炎)。まれに、カビ、ウイルス、原虫による感染が前立腺炎を引き起こすこともあります。

症状

前立腺炎の症状の多くは、膀胱や骨盤の筋肉、特に会陰部(えいんぶ:陰嚢[いんのう]と肛門の間)の筋肉のけいれんで起こります。前立腺炎にかかると会陰部や腰が痛みますが、陰茎(ペニス)や精巣が痛むこともよくあります。また、排尿の回数が増えて急に排尿したくなったり、排尿するときに痛みやヒリヒリ感があったりします。痛みによって勃起や射精が困難になり、さらに痛みが増します。便秘になると排便時に痛みを伴います。急性細菌性前立腺炎の場合は、発熱、排尿困難、血尿などの症状が頻繁に現れます。細菌性前立腺炎が原因で、前立腺に膿(うみ)がたまって膿瘍(のうよう)を生じたり、精巣上体に炎症が生じる場合もあります(精巣上体炎)。前立腺炎が慢性化すると、生殖能力が損なわれるおそれがあります。

診断と治療

前立腺炎の診断は症状と診察所見に基づいて行われます。直腸から触診すると、前立腺が腫れていて、触れると痛みます。尿の培養を行うほか、検査の際に前立腺をマッサージして陰茎からしぼり出した前立腺液を培養することもあります。尿の培養結果から、尿路に細菌性の感染が生じているかどうかがわかります。一方、前立腺液の培養から感染が判明した場合は、明らかに前立腺が原因です。

培養で感染が確認できない場合、前立腺炎の治療は困難です。この種の前立腺炎の治療の大半は症状を和らげる対症療法にとどまり、前立腺炎自体の完全な治癒には至りません。対症療法は、慢性細菌性前立腺炎にも効果があります。

薬を使わない治療法として、定期的な前立腺マッサージ(医師が直腸に指を入れて行う)、頻繁な射精、温浴などがあります。リラクセーション療法(バイオフィードバック法)には、骨盤の筋肉のけいれんと痛みを和らげる効果があります。薬による治療としては、便秘薬が便秘による排便時の痛みに効果的です。鎮痛薬や抗炎症薬には、原因を問わず、痛みと腫れを和らげる効果があります。前立腺肥大症の治療に用いられるアルファ遮断薬(ドキサゾシン、テラゾシン、タムスロシンなど)は、前立腺の筋肉の緊張を和らげて症状を緩和します。理由は明らかではありませんが、抗生物質で症状が軽くなることもあります。これらの治療を行っても症状が改善されない場合は、最後の手段として、前立腺の一部、あるいは全部を切除する手術を検討します。マイクロ波やレーザーで前立腺を破壊する治療法もあります。

前立腺炎の原因が細菌の感染である場合、前立腺組織にまで浸透する抗生物質(オフロキサシン、レボフロキサシン、シプロフロキサシン、トリメトプリム‐スルファメトキサゾール配合剤など)を30〜90日間服用します。抗生物質の服用期間が短いと、感染が慢性化することがあります。慢性細菌性前立腺炎の治療は困難です。前立腺に膿瘍が生じた場合は、切開により外科的に膿を出します。

個人情報の取扱いご利用条件