メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

内性器

-
-

内性器には以下のような器官があり、生殖管を形成しています。

  • 腟(産道の一部)―放出された精子を受け入れるところ。出産時にはここから胎児が出ていく。
  • 子宮―受精卵はここで胚から胎児へと成長していく。
  • 卵管―精子はここで卵子と出合い、受精が起こる。
  • 卵巣―卵子をつくり、放出する器官。

精子は生殖管をさかのぼり、卵子は生殖管を下ってきます。

女性の内性器

女性の内性器

生殖管の入り口である腟口のすぐ内側には、処女膜と呼ばれる粘膜があります。処女の場合、処女膜は普通は腟口の周囲を取り巻くきつい輪のようになっていますが、完全に開口部をふさいでしまっている場合もあります。処女膜には生殖管を保護する働きがありますが、健康を保つのに特に必要ではありません。この膜は最初の性交で破れることがありますが、膜が柔軟で破れないこともあります。処女膜は運動をしたり、タンポンや避妊用のペッサリーを挿入しても破れることがあります。破れると通常は少量の出血があります。性交の経験がある女性では、処女膜がなくなっていたり、小さな組織片となって腟口の周辺に残っていたりします。

腟は筋肉質の狭い器官ですが、伸縮性があります。成人女性では10〜13センチメートルの長さがあり、外性器と子宮をつないでいます。腟は性交における女性の主要器官で、性交時にはここにペニスが挿入されます。また、精子はここを通って卵子へと向かい、月経血や新生児はここから外へ出ていきます。

腟の内部は、検査や性交などのため押し広げられない限り、通常はすき間なく閉じています。腟の下部3分の1は伸縮性のある筋肉に覆われていて、この筋肉により腟口の大きさが調節されています。この筋肉は性交のときにはリズミカルに収縮します。また、ケーゲル体操(尿失禁の治療などを目的として行われる、骨盤の筋肉トレーニング)によりこの部分の筋肉を強化できます。

腟の内面は粘膜で覆われ、表層の細胞からにじみ出る体液と子宮頸部(しきゅうけいぶ:子宮の下部)の腺からの分泌液により湿った状態に保たれています。これらの体液がおりものとして外へ流れ出ることがありますが、これは異常ではありません。妊娠可能な年齢の女性の腟内にはひだやしわがあります。一方、思春期以前や閉経後(エストロゲンを服用していない場合)の女性の腟内はなめらかです。

子宮は筋肉質の厚い壁をもち、洋ナシのような形をした器官です。骨盤の中央にあり、前には膀胱、後ろには直腸があります。子宮は靭帯(じんたい)によって定位置に支えられています。子宮の主な役割は、胎児の成長を維持することです。子宮は子宮体部と子宮頸部に分けられます。

子宮の下部にある子宮頸部は腟の上端へと突出していて、内診(腟鏡を用いた診察)で観察できます。腟と同様に子宮頸部も粘膜で覆われていますが、表面はなめらかです。

子宮頸部は精子が入る通り道となり、月経血の排出路にもなります。また、出産のときには広がって新生児を通します。月経期、卵子が卵巣から放出される時期(排卵期)、出産時を除き、子宮頸部は細菌を防ぐ関門の役割を果たしています。性交の際に、細菌が子宮頸部から子宮に侵入する可能性があります。性感染症を起こす細菌(性感染症: はじめにを参照)を除いて、腟内に普通にみられる細菌が問題を起こすことはほとんどありません。

子宮頸管は粘液を分泌する腺で覆われています。この粘液の濃度が高いため、排卵の直前まで精子は頸管を通過できません。排卵期になると粘液が薄くなり、精子が泳いで通ることができるようになります。また、この時期には子宮頸部の粘液分泌腺の中で精子が2〜3日生存できるため、この精子が後で子宮体部を通って卵管に到達し、卵子と出合って受精することもあります。したがって、排卵の1〜2日前に性交した場合でも妊娠につながる可能性があります。人によっては、月経から排卵までの期間が一定しないため、月経周期の中で妊娠の可能性がある時期が必ずしも定まらないことがあります。

子宮体部は厚い筋肉質の器官で、胎児の成長に合わせて広がります。出産の際には筋肉質の壁が収縮して胎児を押し出し、子宮頸部から腟を通って外へと送り出します。妊娠可能年齢の女性では、子宮体部は子宮頸部の2倍の長さがあります。閉経後にはこの比率が逆転します。

月経周期(約1カ月)の中には、子宮体部の内層(子宮内膜)が厚くなる時期があります。この期間に妊娠しなければ子宮内膜ははがれ落ち、出血して月経が始まります。

左右の卵管はそれぞれ5〜7センチメートルほどの長さで、子宮の上端から卵巣へと伸びています。卵管は卵巣とは直接つながってはいません。卵管の開口部はやや広がっていて、手の指を広げたようなじょうご形をした卵管采(らんかんさい)と呼ばれる構造になっています。卵巣から放出された卵子は、卵管采によって卵管の入り口へと導かれます。

卵管の内側は細かい線毛に覆われています。内壁の線毛と筋肉の働きで卵子は子宮へと送りこまれます。卵子と精子は卵管の中で出合い、受精します(正常な妊娠: 受精を参照)。

卵巣は通常は真珠色で、鶏卵よりやや小さな長円形の器官です。卵巣は靭帯で子宮とつながっています。卵巣は女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)と男性ホルモンを分泌するだけでなく、卵子を産生し放出します。未熟な卵子細胞(卵母細胞)は、卵巣壁にある液体で満たされた袋(卵胞)に入っています。卵胞にはそれぞれ、卵母細胞が1つずつ入っています。

卵子の数はいくつ?

女児は生まれたときすでに卵巣内に、卵子のもとになる細胞(卵母細胞)をもっています。妊娠16〜20週の時点では、胎児の卵巣には600万〜700万個の卵母細胞があります。その多くは徐々に消失して、出生時には100万〜200万個にまで減少します。出生後に卵母細胞が新たにつくられることはありません。卵母細胞はその後も減り続け、思春期を迎えるころには30万個程度まで減ってしまいますが、それでも女性の生涯の生殖機能を支えるには十分すぎるほどの数があります。生殖可能期間の間に成熟して卵子となるのは、30万個のうちごくわずかです。何万個もの卵母細胞は成熟することなく退化していきます。退化は閉経前の10〜15年間に急速に進行し、閉経期にはすべての卵母細胞がなくなります。

生殖可能期間にある女性の体内では、1回の月経周期につき通常は1個の卵子が排卵され、全期間を通して排卵される卵子はわずか400個程度です。排卵前の卵子は、細胞分裂を途中で休止した状態で卵胞内に維持されています。つまり卵子は体内でも特に寿命の長い細胞であるといえます。細胞分裂を休止している間は通常の細胞内で起こっている修復プロセスが行われないため、女性が年をとるにつれて卵子に損傷が生じる可能性が高くなります。高齢出産では染色体や遺伝子の異常が生じやすくなるのはこのためです。

個人情報の取扱いご利用条件