メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

加齢による影響

-
-

閉経(閉経と更年期: はじめにを参照)のころになると生殖器の変化が急速に起こります。月経周期が止まり、卵巣はエストロゲンの分泌を停止します。閉経後には小陰唇、クリトリス(陰核)、腟、尿道が小さく萎縮(いしゅく)します。これに伴い、慢性的なかゆみや痛み、乾燥、おりものが生じることもあります。また、腟感染症が起こりやすくなります。閉経後には子宮、卵管、卵巣も小さくなります。

年をとるにつれて、膀胱、子宮、腟、直腸を支える筋肉や靭帯、その他の組織が衰え、筋肉や結合組織の量が減少します。その結果、これらの臓器が下方に下がったり(下垂)、脱出を起こして、排尿困難、尿や便の失禁、性交痛などを生じることがあります。

乳管を刺激するエストロゲンの分泌量が減少するため、乳房は小さくなって垂れ下がってきます。乳房を支える結合組織の減少もこの傾向を助長します。また、乳房の線維組織が脂肪に置き換わるため、乳房は張りを失います。

このような変化はあっても、多くの女性は閉経後もそれまで以上に性生活を楽しんでいます。もはや妊娠の心配がないこともその理由の1つといえるでしょう。また、閉経後も卵巣は男性ホルモンを分泌し続けます。男性ホルモンは性衝動を保ち、筋肉組織の減少を遅らせ、心身の快調感をもたらす働きがあります。

個人情報の取扱いご利用条件