メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

婦人科疾患の診断

-
-

健康的な生活を送るには、婦人科医の診察やスクリーニング検査を定期的に受ける必要があります。検査を受けることによって、病気を予防したり、早期に発見して効果的に治療できます(成人の主なスクリーニング検査と実施時期*を参照)。婦人科の主な検査には、子宮頸癌を見つけるためのパパニコロー(パップスメア)検査(子宮頸部の細胞診)や、乳癌を見つけるためのマンモグラフィ(乳房X線撮影)検査などがあります。

婦人科の領域では性生活、避妊、妊娠、更年期といったデリケートな問題を扱うため、信頼できる医療専門家を選び、こうした内容について気兼ねなく相談できるようにしておくことが大切です。米国では婦人科医や内科医、助産師、一般医、家庭医、ナース・プラクティショナー(処方や治療も行う米国の専門看護師資格)などが受診先となっています。女性は受診の際に、生殖のしくみや生殖器の機能と構造、安全な性交の方法など、わからないことや知りたいことについて何でも質問できます。

婦人科の問診

婦人科の診察で最初に行われるのは生殖機能に関する問診です。通常は受診の理由となったことを中心に、質問を進めていきます。質問に対する回答がその人の婦人科の病歴ということになります。婦人科の病歴には、初潮の年齢、月経の頻度、規則性、期間、出血量、前回と前々回の月経日なども含まれます。不正出血(量の過多や過少、月経と月経の間の出血など)についても質問されます。

婦人科領域の感染症や外傷、妊娠の可能性を知るために、質問には性生活についての項目も含まれています。避妊をしているか、避妊を希望するか、カウンセリングやその他の情報に関心があるかどうかも質問されます。妊娠の回数とそれぞれの時期、結果、合併症も記録されます。

月経の期間中や性交時、あるいはそれ以外のときに痛みを感じるかどうか、また、痛みがある場合はその程度や、どんなときに痛みが軽減するかについても質問されます。乳房の痛み、しこり、圧痛や発赤、乳首からの分泌物について、また乳房の自己検診の実施頻度や、その方法について指導が必要かどうかも質問されます。

医師は、過去の婦人科疾患の病歴を検討するとともに、婦人科以外の病歴や手術歴もチェックします。服用中の薬物は、処方薬、市販薬、違法薬物、タバコ、アルコールも含めてすべて検討します。こうした薬の多くが女性の性機能に影響するからです。過去や現在に、精神的、身体的、性的虐待を受けていないかどうかも質問されます。尿路の感染症や尿漏れ(失禁)がないかどうかを知るため、排尿に関する質問も行われます。

婦人科の診察

婦人科の診察や検査について疑問や不安があれば、前もって医師とそのことを話し合っておきます。診察中に痛みを感じた場合には、医師にそう伝えます。通常は、診察の前に排尿を済ませておくように指示されます。その際に、検査のための採尿を行う場合もあります。

乳房の診察は、内診の前に行うこともあれば後に行うこともあります。患者を腰かけさせ、乳房に異常やへこみ、皮膚の緊張、しこり、分泌物がないか観察します。次に腰かけたままか、あお向けに寝かせ、両腕を頭の上に上げた状態で、乳房を手のひらで触れて調べます(触診)。さらにわきの下にも触れて、リンパ節の腫れがないか調べます。首と甲状腺にも触れてしこりや異常の有無を調べます。診察を進めながら、患者の乳房自己検診の方法をチェックすることもあります(乳癌の自己検診の方法を参照)。

次に腹部全体にそっと触れ、異常な腫瘤や臓器の肥大がないか調べます。特に肝臓と脾臓(ひぞう)を念入りに調べます。腹部を強く押されると不快感があるかもしれませんが、触診自体によって痛みを感じることはないはずです。また、指で体表を軽くたたき(打診)、空洞部分の音とそうでない部分の鈍い音を聞き分けることにより、肝臓や脾臓の大きさを推測することもあります。聴診では腸の活動によって生じる音や、狭くなった血管内を血液が流れる際に生じる異常音が聞かれます。

内診の際には、患者はあお向けになり、内診台の端に腰を据えて腰と膝(ひざ)を曲げた体勢を取ります。この姿勢を維持しやすいように、多くの内診台にはかかとを支える部分がついています。内診での観察内容を自分自身でも確かめたい場合は、前もって医師に告げておくと、鏡を使って説明してもらえる場合があります。図を使って説明することもあります。診察では、まず外性器を観察し、体毛の分布や異常、変色、おりもの、炎症などを調べます。特に問題のないことが確認されることもあれば、ホルモンの異常、癌、感染、外傷、身体的虐待などの手がかりが得られることもあります。

次に腟の開口部の周囲を広げて、腟口を調べます。腟鏡(腟壁を広げて観察するための金属またはプラスチック製の器具)を使って腟の奥と子宮頸部を観察します。子宮頸部では、炎症や癌の徴候がないか綿密に観察します。また膀胱、直腸、腸が腟内に突出していないかを調べます(骨盤底の障害を参照)。

パップスメア検査(子宮頸部の細胞診)

パップスメア検査(子宮頸部の細胞診)

パップスメア検査をはじめとする子宮頸部の細胞診を目的とした検査では、まず、プラスチックのへら(のどの診察に使う舌圧子に似た器具)で子宮頸部の表面から細胞を採取します。次に、粗い小さなブラシで子宮頸部の細胞を採取します。この検査はチクチクしたり、締めつけるような感じがすることはありますが、強い痛みはなく、数秒で終わります。へらやブラシで採取した細胞は、スライドグラスに載せて保存液をスプレーするか、保存液の入ったびんに移されます。この細胞サンプルを染色処理して顕微鏡で観察し、子宮頸癌を示す異常な細胞がないかどうかを調べます。この検査により、ごく初期の段階でも子宮頸癌の80〜85%を発見できます。癌になるおそれがある子宮頸部細胞の変化(前癌病変)も検出できます。この変化は治療できるため、癌の予防につながります。

パップスメア検査や類似の検査では、月経中の実施を避け、検査前の24時間以内に腟洗浄や腟クリームの使用をしていなければ、かなり正確な結果が得られます。女性はこの検査を年に1回は受けるべきです。初回の検査は性行動を開始したとき、または18歳になったときに行います。検査の結果が3年続けて正常であれば、以後の検査を毎年行うか、あるいは2〜3年に1回とするか、主治医と相談することも可能です。

感染が疑われる場合には、腟と子宮頸部から少量のおりものを綿棒で採取し、培養して調べます。性感染症の検査は通常の検査項目には含まれていないので、性感染症にかかっている懸念がある場合には、そのための検査を依頼する必要があります。

腟鏡を外したら、腟壁を触診して強さと安定度を調べます。手袋をはめた片手の人さし指と中指を腟の中に入れ、もう一方の手を恥骨上部の下腹部に乗せます。このようにして両手で狭むことにより、子宮が洋ナシ形であり、なめらかでしっかりしていること、位置や大きさ、硬さ、圧痛があればその程度を調べます。次に、腹部に置いた手をわきの方へ動かし、やや強く圧迫して卵巣を調べます。圧迫を強めるのは、卵巣は小さな器官のため子宮よりも手に触れにくいからです。この検査はいくらか不快感があるかもしれませんが、痛みはないはずです。この方法で卵巣の大きさと圧痛の有無を調べます。さらに触診で、腟内の腫瘤や圧痛部分の有無も調べます。

最後に、人さし指を腟に、中指を直腸に入れて、直腸腟検査をします。この方法により、腟の後壁に異常な腫瘤や肥厚がないか調べることができます。さらに、直腸を調べて痔核(じかく)、裂溝、ポリープ、しこりの有無を検査します。手袋をした手で便を少量採取し、潜血(便に混じった微量の血液)がないか調べることもあります。便潜血反応を調べるための家庭用キットを渡されることもあります。

診断のための検査

場合によっては、さらに徹底した検査が必要となります。

腟拡大鏡検査

腟拡大鏡検査(コルポスコピー)では、顕微鏡に似た双眼の拡大鏡を使って、子宮頸部に癌の徴候がないか観察します。パップスメア検査の結果に異常がみられた場合によく行われる検査です。腟鏡を使って腟壁を広げ、子宮頸部を観察します。腟拡大鏡検査は痛みがなく、麻酔も必要ありません。検査にかかる時間は15〜30分です。

生検

生検(生体組織検査)とは組織の小片を採取し、顕微鏡で調べる検査です。前癌状態(癌になる可能性が高い状態)あるいは癌が疑われるときに行います。外陰部の生検には局所麻酔を使用し、通常の診察室で実施できます。子宮頸部や腟の生検は普通は腟拡大鏡検査の際に行います。この場合、観察時に最も異常がありそうな部分から組織片を採取できます。子宮頸部や腟の生検では通常、麻酔は不要です。組織の採取時には、つねられたり、引っぱられたりしているような感じがします。

子宮内膜の生検では、金属製またはプラスチック製の細い管を子宮頸部から子宮内へ挿入し、外部の端から吸引しながらこの管を前後左右に動かして、子宮内膜から組織を採取します。腟からの不正出血の原因を調べるためによく行う検査です。また、不妊治療の専門医は排卵が正常に起きているか、また子宮が体外受精した受精卵の着床に適した状態になっているかどうかをこの検査で調べます。子宮内膜生検は外来の処置室で行うことができ、麻酔も不要ですが、強めの月経痛のような痛みを伴います。

子宮頸部の細胞診

子宮頸部擦過細胞診ともいい、細長いスプーン状の鋭利な器具(キューレット)を子宮頸部に挿入して組織を採取します。採取した細胞を顕微鏡で調べます。子宮内膜癌や子宮頸癌が疑われる場合、あるいは診断の選択肢からこれらの癌を除外する必要がある場合に行われます。通常は腟拡大鏡検査の際に行われ、麻酔の必要はありません。

高周波電気メスによる円錐切除

ループ電気メス切除法(LEEP)ともいい、高周波電流の流れる細いループ状のワイヤを使って組織の一部を切除する方法です。パップスメア検査の結果が異常であった場合に、異常の程度をさらに正確に評価するとともに、異常な組織を切除するために行います。局所麻酔が必要ですが、外来の処置室で実施可能で、5〜10分で終了します。実施後はいくらか不快感があったり、少量の出血がみられることがあります。

子宮頸管拡張と子宮内掻爬

子宮頸管拡張と子宮内掻爬

子宮頸管拡張と子宮内掻爬

子宮頸管を金属棒などの器具で広げ(拡張)、細長いスプーン状の鋭利な器具(キューレット)を子宮内に入れて子宮内膜の組織を削り取る(掻爬[そうは])という方法です。拡張と掻爬の頭文字から「DアンドC」とも呼ばれます。子宮内膜の生検で結論が出なかった場合や、不完全な流産の治療として行います。病院で実施することが多く、全身麻酔で行う場合もありますが、たいていは入院の必要はありません。

子宮鏡検査

子宮内部を観察するため、細い管状の装置(子宮鏡)を腟および子宮頸部から子宮内へと挿入することがあります。ファイバースコープと呼ばれる軟性鏡の場合、直径6ミリメートルほどの管を通して光ファイバー(光を伝えるプラスチックまたはガラス素材の透明な繊維)で画像を伝えます。この管に生検用の器具や電気メス(焼灼メス)、手術器具を通すこともできるため、不正出血を起こした部位や異常部分を観察するとともに、生検用組織の採取や熱凝固、切除手術も実施できます。この検査は外来の処置室でも実施可能ですが、病院で子宮頸管拡張と子宮内掻爬の実施時に併せて行う場合もあります。

超音波検査

超音波(人間の耳では聞こえない高い周波数の音波)を利用して、体内の構造を画像化する検査です。超音波を発する小さな装置(プローブ)を腹部にあてるか、腟内に入れて検査を行います。超音波は体内の構造にあたると反射され、そのパターンがモニター画面に画像として表示されます。妊娠中に胎児の状態や大きさを調べるにも超音波検査が使われます。多胎の有無や、多くの場合には胎児の性別もわかります。胎児の健康状態を観察し、異常を検出するために使われることもあります。胎児の遺伝病を調べるため羊水穿刺や絨毛(じゅうもう)の採取を行う際に、器具の位置を確認するにも使われます。子宮外妊娠、腫瘍や嚢胞、その他の骨盤内臓器の異常を検出するにも役立ちます。この検査で痛みを感じることはなく、健康上のリスクも知られていません。

子宮内超音波検査

子宮内超音波検査は、細い管(カテーテル)を腟から子宮へ挿入し、子宮の中に生理食塩水を注入してから超音波検査を行う方法です。液体が子宮を満たして押し広げるため、ポリープや子宮筋腫など子宮内の異常が見つかりやすくなります。外来の処置室でも実施可能ですが、検査の際に局所麻酔を使う場合もあります。けいれんを予防するため、検査の20分前にイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が投与される場合もあります。

腹腔鏡検査

子宮、卵管、卵巣を直接調べるには、腹腔鏡を使います。腹腔鏡は細い管状の観察装置で、体内の様子を光ファイバー(光を伝えるプラスチックまたはガラス素材の透明な繊維)でモニター画面に伝えます。へその下を小さく切開して腹腔鏡を腹腔の中に挿入します。また、臓器をよく観察するため、必要に応じて腟から子宮へ入れた鉗子で動かします。さらに腹腔鏡から二酸化炭素ガスを入れて腹腔をふくらませ、腹部や骨盤内の臓器を見やすくします。腹腔鏡検査は通常、病院で全身麻酔の下で行いますが、入院の必要はありません。腹部に多少の不快感を感じることがありますが、1〜2日で普通の日常生活を再開できます。

腹腔鏡検査は、骨盤部の痛みや不妊などの婦人科疾患の原因を明らかにする目的でよく行われます。腹腔鏡を通して器具を挿入することにより、生検、避妊手術、卵管や卵巣の子宮外妊娠の手術などを行うことができます。

写真

腹腔鏡検査

腹腔鏡検査

子宮卵管造影

子宮卵管造影では、子宮と卵管の内側がはっきり映るように、子宮頸部から造影剤を注入してX線撮影を行います。この方法は不妊の原因を調べるためによく用いられます。検査室やレントゲン室などで造影剤を注入し、その場でX線撮影を行います。この検査はけいれんなどの不快感を伴います。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査では乳房のX線撮影を行い、異常のある領域を検出します(乳房の病気: スクリーニング検査を参照)。フィルム台の上に乳房を乗せ、プラスチックの圧迫板の高さを調整して乳房を上からしっかり押さえます。平らに圧迫することで乳腺組織の重なりが分離され、より効果的に撮影できます。乳房の上から下に向けてX線を照射し、この位置で左右の乳房を2回ずつ撮影します。続いてフィルム台を縦に回転させ、乳房の側面像を撮影する場合もあります。

マンモグラフィによる乳癌のスクリーニング検査

マンモグラフィによる乳癌のスクリーニング検査

マンモグラフィ検査は、乳癌の早期発見に特に適した方法です。癌のおそれがある病変を初期の段階で検出し、触知可能となる何年も前に発見することが可能です。50歳以上の女性は毎年この検査を受けて乳癌の有無をチェックすべきです。多くの専門医が、40〜49歳の女性も1〜2年に1回はこの検査を受けるように勧めています。

使用する放射線の量はきわめて少なく、安全とされています。撮影時に多少の不快感を伴うことはあっても、ほんの数秒で検査は終わります。乳房が圧迫による痛みを比較的感じにくくなる月経の期間中に受けるとよいでしょう。制汗消臭剤(デオドラント剤)は検査結果に影響することがあるので、検査の日は使わないようにします。検査全体にかかる時間は約15分です。

個人情報の取扱いご利用条件