メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

多嚢胞性卵巣症候群

-
-

多嚢胞性卵巣症候群(スタイン‐リーヴェンサール症候群)は、卵巣組織の空洞内に液体がたまった嚢胞と呼ばれる構造が多数生じ、卵巣が腫れて大きくなる病気です。男性ホルモン(アンドロゲン)の濃度が高くなる傾向もみられます。

写真

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群は、女性の約7〜10%にみられます。主な原因は下垂体による黄体形成ホルモンの過剰分泌です。このホルモンが過剰になると、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌量が増加します。治療を受けずにいると、男性ホルモンの一部がエストロゲンに転換されることがあります。こうしてエストロゲンが生じても、その作用とバランスを取れるだけのプロゲステロンは分泌されません。この状態が長く続くと子宮内膜が異常に厚くなることがあります(子宮内膜増殖症)。また、子宮内膜癌のリスクも高くなります。

症状と診断

多くの場合、症状は思春期に発現します。この症候群の人は思春期に月経が始まらないこともあり、この場合は卵巣からの排卵が起こりません。また、男性ホルモンの濃度が高くなることにより男性化と呼ばれる種々の症状が現れ、にきびができる、声が低くなる、乳房が小さくなる、筋肉量が増える、胸や顔など男性と同様の部位に体毛が生える(多毛症)といった症状がみられます。多嚢胞性卵巣症候群の女性ではインスリンの分泌量が過剰になったり、分泌されたインスリンが正常に働かなくなることが多く、そのため体重が増えたり、減量が困難になる傾向があります。ほとんどの人は肥満となります。一方、体重や体毛の増加がなく、腟から不規則な間隔で出血する人もいます。多嚢胞性卵巣症候群では心臓病、糖尿病、高血圧のリスクも高くなります。

診断は多くの場合、症状に基づいて行われます。血液検査を行って黄体形成ホルモンと男性ホルモンの濃度を測定します。卵巣の超音波検査が行われることもあります。男性ホルモンの分泌が卵巣や副腎の腫瘍によるものかどうかを調べるため、超音波検査やCT検査が行われることもあります。

治療

現在のところ理想的な治療法はありません。症状の種類と程度、年齢、妊娠の予定などに基づいて治療法を選択します。癌がないことを確認するため、子宮内膜の生検がよく行われます。

インスリン値が高い場合には、その値を下げると症状が改善されることがあります。運動(少なくとも1日30分)を行い、炭水化物(パン、めん類、イモ類、菓子など)の摂取量を減らすことは、インスリン値の低下につながります。減量によってインスリン値が十分低下し、排卵が始まる人もいます。また、減量によって体毛が伸びるのが抑制されたり、子宮内膜が厚くなるリスクが下がることがあります。

妊娠を希望しない場合は、プロゲスチンを内服するか、混合型経口避妊薬(エストロゲンとプロゲスチンの入った避妊薬)を使用する方法があります。いずれの治療法も、エストロゲン値の上昇による子宮内膜癌のリスクを減少させ、男性ホルモン値を低下させる可能性があります。なお、閉経期の人や、心臓または血管の疾患になるリスクが高い人には、経口避妊薬は処方されません。

妊娠を希望する女性には、プロゲスチンや経口避妊薬の代わりに、排卵を促す作用をもつクロミフェンが投与されることがあります。クロミフェンで効果が得られない場合には、卵胞刺激ホルモン(卵巣を刺激する)、ゴナドトロピン放出ホルモン作動薬(卵胞刺激ホルモンの放出を促す)、ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン(排卵を誘発する)といった、他のホルモン剤の投与を試みることもあります。

体毛が増えて気になる場合は脱色するか、電解法、毛抜き、脱毛用ワックス、各種の脱毛剤、レーザーなどで脱毛します。多毛症を理想的に治療できる薬はありません。経口避妊薬が有効な可能性もありますが、効果が現れるまで数カ月間服用する必要がある上、ほとんどの場合わずかな効果しか得られません。男性ホルモンの分泌と作用を阻害する薬であるスピロノラクトンによって、不要な体毛が減少することがありますが、尿量の増加と低血圧(ときに失神する場合もある)などの副作用があります。また、スピロノラクトンは胎児に対して安全ではない可能性があるため、性的活動のある人がこの薬を使用する場合は、避妊を徹底する必要があります。男性ホルモンの作用を抑える強力なプロゲスチンであるシプロテロンは、不要な体毛の50〜75%を除去する効果があります。この薬は多くの国で使用されていますが、米国では承認されていません(訳注:日本では2000年5月に販売を中止)。ゴナドトロピン放出ホルモンの作動薬と拮抗薬については現在、不要な体毛の治療薬として研究が行われています。いずれの薬も卵巣による性ホルモンの分泌を抑制しますが、骨密度を低下させ、骨粗しょう症の原因となるおそれがあります。

個人情報の取扱いご利用条件