メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

オルガスム障害

-
-

オルガスム障害は、十分な性的刺激を受けても性的な快感の最高潮(オルガスム)が遅れたり、起こらなかったりすることです。

オルガスムに必要な刺激の量や種類には非常に個人差があります。多くの女性はクリトリス(陰核)への刺激によってオルガスムを得ることができますが、性交時に常にオルガスムに達するのは女性の約半数に過ぎません。オルガスムがまったく得られない女性も約10人に1人の割合でいます。オルガスムに関する問題が継続的または頻繁にみられることで、性機能が妨げられたり精神的苦痛が生じる場合をオルガスム障害といいます。

オルガスムに達する方法を覚えた女性は、性に関するコミュニケーション不足、人間関係の対立、心の傷となるような体験、身体的または精神的疾患がない限り、オルガスムに達する能力を失うことは通常ありません。性的興奮障害の原因とほぼ同様の、身体的または精神的な要因によってオルガスム障害も起こります。抑うつもオルガスム障害の原因として多いものの1つです。

オルガスム障害は、女性がオルガスムに達する前に常に性交が終わることが原因となっていることがあります。前戯が十分でなかったり、本人やパートナーが生殖器の機能をよく知らなかったり、射精が早すぎたりすると女性がオルガスムに達しないことがあります。こうした性交は欲求不満を生み、恨みに思う気持ちや、ときには性的なことすべてに対する嫌悪感につながったりします。性的に興奮しても、性交時に「我を忘れる」ことを恐れているためにオルガスムに達しないという女性もいます。この恐れは、快楽的な体験の後の罪悪感や、パートナーに依存した快楽におぼれることへの不安、自制を失うことへの恐れなどが原因となっていることがあります。

一部の薬剤、特にフルオキセチンなどの選択的セロトニン再取りこみ阻害薬(SSRI)(うつ病の主な治療薬を参照)はオルガスムを阻害することがあります。

オルガスム障害は一時的なこともあれば、正常な性生活が数年続いた後に起こることも、あるいは一生続くこともあります。また、常に起こることもあれば、特定の状況でだけ起こる場合もあります。オルガスムにかかわる問題がある人の多くは、性的興奮の問題も抱えています。

診断と治療

診断は問診に基づいて行われます。原因を特定するため、性生活、病歴、薬物の使用歴に関する質問と、診察が行われます。

原因が精神的なものである場合は、パートナーとともにカウンセリングを受けることが多くの場合に役立ちます。女性が1人で、あるいはパートナーとともに心理療法を受けるように勧められることもあります。身体的な病気がある場合には治療します。

このほか有効な方法としては、カップルで行う感覚集中法、生殖器の働きについての知識の習得、ケーゲル体操などがあります。

個人情報の取扱いご利用条件