メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

乳腺症

-
-

乳腺症(線維嚢胞性乳腺症)は、乳腺が線維性・嚢胞性の変化を起こした状態で、乳房痛や嚢胞が生じたり、良性のしこりができるのが特徴です。

写真

線維嚢胞性乳房疾患

線維嚢胞性乳房疾患

女性の乳房に多少のしこりがあるのは珍しいことではなく、特にわきの下に近い乳房の外側上部によくみられます。米国では女性の約30%に、このような乳房のしこりに痛みや嚢胞を伴う状態がみられ、乳腺症と呼ばれています。

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの濃度は通常、月経周期とともに変動します。女性ホルモンの濃度が増加すると、乳腺や乳管が拡張して体液を保持し、乳房が張った状態になります。こうした変化は、女性ホルモンの濃度が減少すると元に戻ります。月経周期の特定の時期に乳房が張ったり敏感になったりするのも、ホルモンの濃度の変動が一因となっています。このようなホルモンによる刺激が繰り返されることによって、線維性・嚢胞性の変化が起こることがあります。

乳腺症ではしこりが大きくなっていったり、重い感じや不快感、圧痛、焼けつくような痛みを感じることがあります。このような症状は閉経後に軽減する傾向があります。乳腺症は乳癌の発症リスクをごくわずかながら増大させる可能性があります。また、乳腺症があると乳癌の発見が困難になります。

しこりを切除して生検を行うこともあります。嚢胞の内容物を吸引することもありますが、この場合はよく再発します。特に有効な治療法はありませんが、通常は治療する必要はありません。

個人情報の取扱いご利用条件