メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

乳腺炎と乳腺膿瘍

-
-

乳腺の感染症(乳腺炎)は周産期(産後の回復と心身の変化: 乳房の感染症を参照)、外傷や手術の後にみられることがありますが、それ以外はまれな病気です。乳房が赤く腫れて熱をもち、圧痛があります。これと同じような症状が、炎症性乳癌(乳房の病気: 分類を参照)と呼ばれる特殊な乳癌でもみられることがあります。乳腺炎は抗生物質で治療します。

乳腺膿瘍は乳腺内に膿がたまった状態で、さらにまれな病気です。乳腺炎を治療せずに放置しておくと乳腺膿瘍になることがあります。乳腺膿瘍も抗生物質で治療しますが、切開して膿を出さなければならないこともあります。

個人情報の取扱いご利用条件