メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

ハイリスク妊娠、すなわち高いリスクを伴う妊娠の条件については、正式な定義や広く受け入れられている定義はありません。しかし一般的には、(1)母体または胎児が重篤な病気を発症したり死亡する可能性が通常より高い、(2)出産の前または後に何らかの合併症が起こる可能性が通常より高い―といった条件のうち、少なくともいずれかに該当する場合がハイリスク妊娠と考えられています。

母体や胎児に特定の状態や特徴があると、妊娠にリスクが生じやすくなります。このような要因を危険因子といいます。医師は個々の妊婦について危険因子があれば特定し、点数化してどの程度のリスクがあるか判断します。ハイリスク妊娠を見極めることで、必要な妊婦に適切な医学的ケアを確実に行うことが可能になります。

個人情報の取扱いご利用条件