メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

出産の経過は人によって異なりますが、そのおおよその経過は一定のパターンをたどります。妊娠している女性はあらかじめ、子供を産むために自分の体にどのような変化が起こり、出産をサポートするためにどんな処置が行われるか、およそのところを知っておくとよいでしょう。また、パートナーが出産に立ち会うか、どこで出産するかといったこともあらかじめ決めておく必要があります。

分娩(ぶんべん)にパートナーの付き添いを希望する人もいます。パートナーの励ましや精神的な支えは、気持ちをリラックスさせるのに役立ち、痛みの軽減に必要な薬の量を減らせることもあります。出産という貴重な経験を共有することで家族のきずなが強まるなど、感情的にも精神的にも有益な結果を得ることができます。母親と父親の両方を対象に、出産について学ぶマタニティークラスも開かれています(訳注:両親学級、パパ・ママ学級など名称はさまざま)。一方、出産する女性がプライバシーを保ちたいと考えて立ち会いを希望しない場合や、パートナーが立ち会うことを望まない場合もあります。生まれてくる子供の父親ではなく、別の人が立ち会った方がより適切で精神的支えになる場合もあります。

米国ではほとんどの人が病院で出産しますが、中には自宅での出産を望む人もいます。しかし、分娩中や分娩直後には予期しない合併症が起こることもあるため、専門家の大多数は自宅での出産を勧めていません。家庭的な環境や、ゆるやかな規則(たとえば、面会者の人数や面会時間に制限がないなど)を求める人は、出産センター(訳注:出産を専門に扱う施設。日本では助産院に相当)を利用することもできます。出産センターでは、堅苦しくなく家庭的な出産を経験できますが、自宅での出産に比べてはるかに安全です。出産センターには病院内にあるものと、近隣の病院と提携しているものがあり、必要が生じれば医療スタッフ、緊急用の医療設備、完全な入院施設の提供が受けられます。分娩中に合併症が起きた場合には、即座に出産センターから病院へ移送されます。

病院によっては居室型の専用個室があり、分娩から退院まで同じ部屋で過ごすことができます。このような個室は、陣痛(labor)・分娩(delivery)・回復(recovery)・産後(postpartum)の頭文字を取ってLDRP室と呼ばれています。

どのような方法を選んだ場合でも、どんなことが起こるか事前に知っておくことは、分娩と出産に備える上で役立ちます。

個人情報の取扱いご利用条件