メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

分娩中に行われる手技と処置

-
-

陣痛の誘発は、人工的に分娩を開始させることをいいます。普通はオキシトシンというホルモン剤を投与し、子宮をより強く頻繁に収縮させます。このホルモン剤は脳下垂体でつくられるオキシトシンと同じものです。オキシトシンは用量を正確にコントロールするため、注入ポンプを使って点滴で投与します。場合によっては、子宮頸部を拡張させる作用をもつプロスタグランジンも併用することがあります。陣痛を誘発する場合は、分娩監視装置で胎児の心拍数を継続的に測定します。分娩監視装置は母親の腹部に装着しますが、破水後は体内測定用の装置を腟から挿入して胎児の頭皮に取りつけることもあります。分娩が誘発されない場合は帝王切開によって娩出を行います。

陣痛の促進は、陣痛が弱すぎる場合や分娩の進行が遅い場合に分娩を人工的に促進することをいいます。陣痛の促進にはオキシトシンを使用し、陣痛が起こっているのに胎児がうまく産道に送られない場合に行います。

陣痛の抑制とは、分娩の進行があまりに激しい場合に人工的に遅らせることをいいます。陣痛が強すぎたり、間隔が短すぎたり、あるいはその両方がみられることがごくまれにあります。オキシトシンで陣痛を促進している場合は即座に投与を中止します。産婦の姿勢を変えたり、鎮静薬を投与することもあります。陣痛が自然に起きている場合は、陣痛を止めたり間隔を長くするため、テルブタリンやリトドリンなどの分娩を遅らせる作用のある薬が投与されます。

鉗子(かんし)は、料理を取るトングのような形をした金属製の器具で、縁は丸く、胎児の頭にぴったり合うように作られています。鉗子は正常分娩でも娩出を楽に行うために使われることがあります。また、胎児仮死の状態にある場合、胎向が異常である場合、母親がうまくいきむことができない場合、分娩が長びいている場合も鉗子が必要になることがあります(場合によっては鉗子を使わずに帝王切開を行う)。鉗子による分娩がうまくいかない場合は帝王切開が行われます。まれに、鉗子を使うことによって新生児の顔にあざができたり母親の腟が傷つくことがあります。

鉗子と吸引分娩器

鉗子と吸引分娩器

胎児の娩出を補助するために、鉗子や吸引分娩器が使用されることがあります。鉗子は胎児の頭を挟んで、吸引分娩器は胎児の頭に吸着させて使用します。どちらを使用した場合も、産婦のいきみに合わせて胎児を静かに引き出します。

吸引分娩器は、分娩を補助する目的で鉗子の代わりに使用されることがあります。吸引分娩器は、ゴムのような素材でできた小さなカップが吸引器につながった構造になっています。このカップを腟に挿入し、胎児の頭皮に吸着させます。まれに、吸引分娩器によって胎児の頭皮にあざができることがあります。

帝王切開は、母親の腹部と子宮を切開して胎児を外科的に取り出す方法です。帝王切開を行うのは、この方法が母体、胎児、あるいはその両方にとって経腟分娩よりも安全だと考えられる場合です。米国では分娩の約4分の1が帝王切開で行われています。手術は産科医、麻酔科医、看護師によって行われ、小児科医が加わることもあります。帝王切開を安全に行うために麻酔薬、静脈注射薬、抗生物質が使用され、必要に応じて輸血も行われます。手術後に、下肢や骨盤部の静脈でできた血栓(血液のかたまり)が肺に移動して肺動脈を詰まらせる肺塞栓症を起こすリスクがありますが、手術後すぐに歩くことによってこのリスクを下げることができます。経腟分娩と比べると、帝王切開による出産の方が産後の痛みが強く、入院期間が長く、回復までに時間がかかります。

帝王切開では、子宮の上部あるいは下部を切開します。より多く行われているのは下部を切開する方法で、これは子宮の下部は上部に比べて血管が少なく、失血量を少なく抑えられるためです。切開部分の治癒後に生じる傷あとの組織も子宮の下部の方が強いため、その後の出産で傷あとが開きにくいという利点もあります。下部の切開方法には横切開と縦切開があります。上部の切開は、子宮頸部が胎盤で覆われている場合(前置胎盤)、胎児が産道に対して横になっている場合、胎児が非常に未熟な場合に行われます。

帝王切開で子宮の下部を切開した人は通常、次回の出産時に経腟分娩にするか帝王切開にするかを選択できます。経腟分娩はこのような人の約4分の3で成功しています。ただし、わずかとはいえ以前の帝王切開による傷が分娩中に開く可能性があるため、即座に帝王切開を行える設備の整った医療機関で出産すべきです。

個人情報の取扱いご利用条件