メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

誕生直後のケア

-
-

赤ちゃんが生まれたらすぐに、医師や看護師は吸引器で赤ちゃんの口、鼻、のどの粘液や他の内容物を優しく取り去り、きれいにします。そうすると新生児は呼吸ができるようになります。新生児のへその緒(臍帯[さいたい])の2カ所をクランプや鉗子(かんし)ではさみ、その鉗子の間で臍帯を切ります。新生児は体をふいてから、慎重に殺菌済みの暖かい毛布に寝かせるか、母親におなかの上で抱かせます。

臍帯の切断

臍帯の切断

赤ちゃんが生まれた直後に臍帯の2カ所をクランプで留めて、そのクランプの間で臍帯を切断します。臍帯の根元付近に留めたクランプは生後24時間以内に外します。残った臍帯は清潔で乾いた状態にしておかなくてはなりません。毎日アルコール溶液でふくように勧める医師もいます。残った臍帯は1〜2週間で自然に脱落します。

次に新生児の体重と身長を測ります。医師は新生児に明らかな異常がないか、苦しそうにしている様子はないかを調べますが、徹底した診察は後で行います。生後1分と5分に、アプガー指数を用いて新生児の全身状態を記録します。アプガー指数が低い場合は新生児に何か問題がある徴候で、呼吸や血液循環の補助が必要となることがあります。しかし、アプガー指数が低くても、赤ちゃんに脳性麻痺(まひ)や後に残る障害などの大きな問題が生じることはそれほどありません。

新生児は暖かい状態に保っておくことが大事です。できるだけ早く軽い衣類(産着)でくるみ、頭も覆って体温の損失を防ぎます。新生児は、分娩(ぶんべん)のときに有害な微生物などに接触していることがあるので、感染症を防ぐため眼に抗生物質を数滴点眼します。

両親と新生児は、通常は分娩室で体調が平常の状態になるまで過ごします。分娩が出産センターで行われた場合は、両親と新生児は同室でしばらく一緒に過ごします。母乳で育てる場合は、生後30分以内に母親の乳をふくませます。新生児室に移動したら、新生児は体を横向きにして小さなベビーベッドに寝かせ、暖かくしておきます。体を横向きにするのは体液や粘液が気道をふさぐのを予防し、呼吸をスムースにしておくためです。新生児はみなビタミンKが不足しているので、出血(新生児の出血性疾患)を防ぐために医師あるいは看護師はビタミンKを投与します。

生後約6時間以上経過したら、新生児を入浴させます。体を洗う場合、新生児の皮膚の大半を覆っている白っぽい脂肪性の物質(胎脂)を洗い流さないようにします。この物質は新生児を感染症から守っているからです。

個人情報の取扱いご利用条件