メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

持続性肺高血圧症

-
-

持続性肺高血圧症とは、新生児の肺につながる動脈が出生後も収縮したままであることが原因で、肺に十分な量の血流が行きわたらず、結果的に血流中の酸素量が不足する重い病気です。

正常な場合、胎児でいる間は肺につながる血管はきつく収縮しています。生まれる前は、胎盤が二酸化炭素を除去して酸素を胎児に運ぶ役割をしているので、肺は大量の血流を必要としません。出生後すぐに、臍帯(さいたい)が切断されると新生児の肺は血液に酸素を送りこんで二酸化炭素を除去する役目を引き継がなくてはなりません。これを成し遂げるためには、肺胞を満たしている液体が空気に取って代わるだけでなく、肺に十分な血液が流れこむように、肺に血液を運ぶ動脈が広がる(拡張する)ことが必要です。

重い呼吸困難に対する反応として、あるいは出産前に母親がある種の薬剤(大量のアスピリンなど)を摂取したことが原因となって、肺につながる血管が正常な状態にまで拡張しないことがあります。その結果、肺への血流が不十分となり、血液にも十分な酸素が供給されません。

持続性肺高血圧症は、予定通りか予定日を過ぎて生まれた新生児や、母親が妊娠中にアスピリンやインドメタシンを定期的に服用していた新生児により多くみられます。多くの新生児では、持続性肺高血圧症を起こす呼吸困難は、胎便吸引症候群や肺炎などほかの肺疾患が原因となっています。しかし、ほかの肺の病気がない新生児でも、持続性肺高血圧症を発症する可能性はあります。

症状と診断

ときには持続性肺高血圧症は出生時から発症している場合があります。また、出生後1〜2日の間に発症することもあります。呼吸はたいてい速くなり、新生児に肺の基礎疾患がある場合は重い呼吸困難もみられます(新生児の健康上の問題と病気: 呼吸促迫症候群を参照)。最も顕著な特徴は、血液の酸素濃度が低いために皮膚の色が青みがかっている(チアノーゼ)ことです。血圧が低い(低血圧)ために脈拍が弱くなり、皮膚が青白く、灰色がかった色になることもあります。

母親が妊娠中にアスピリンやインドメタシンを服用していた場合、ストレスの多い出産であった場合、新生児に重い呼吸困難がある場合、酸素濃度の測定結果が思いがけず低かった場合などは、持続性肺高血圧症が疑われます。胸部X線検査も行いますが、確定診断には心臓超音波検査(心エコー)が必要です。

治療

治療には、新生児を酸素100%の環境下に置いて呼吸させる方法があります。そのほかに、100%の酸素を供給する人工呼吸器が必要になることもあります。血液中の酸素濃度を上げると、肺につながる動脈を拡張するのに役立ちます。血液をややアルカリ性にすることも、これらの動脈の拡張に役立つので、しばしば新生児に炭酸水素ナトリウムを静脈内投与することがあります。

より症状が重い場合は、新生児が吸う酸素の中に一酸化窒素ガスを微量加えます。吸いこまれた一酸化窒素が、新生児の肺の動脈を開いて肺高血圧症を軽減します。この治療には数日を要することがあります。いずれの治療法でも効果が得られない場合、膜型人工肺(ECMO)を使うことがあります。この治療法は、酸素を血液に加えて二酸化炭素を除去する働きのある機械に新生児の血液を循環させ、その後新生児に血液を戻す手法です。ECMOは持続性肺高血圧症が治るまで新生児を生かし、多くの新生児の命を救っています。

個人情報の取扱いご利用条件