メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

気管支肺異形成症

-
-

気管支肺異形成症(慢性肺疾患)とは、肺が繰り返し損傷を受けたために起こる病気です。

気管支肺異形成症は、出生時に呼吸促迫症候群などの重い肺疾患にかかっていた早産児で、特に生後数週間以上にわたって人工呼吸器による治療を必要とした児に多くみられる病気です。肺の繊細な組織は、換気や高濃度の酸素などによって肺胞が過度に引き伸ばされると損傷を受けます。そうなると肺は炎症を起こし、肺の内部にさらに液体がたまります。正期産の新生児が肺疾患(肺炎など)にかかっている場合、ときに気管支肺異形成症を発症することがあります。

症状と診断

この病気にかかっている新生児は通常呼吸が速くなります。息を吸いこむ際に胸の下部が引っこむ、血液中の酸素濃度が低く、そのために皮膚が青みがかった色になる(チアノーゼ)などの呼吸困難の症状が出ることもあります。症状が重い新生児では、肺から息をゆっくりと吐き出し、空気がとらわれた状態を起こすため、胸が過剰にふくらんでいるようにみえることもあります。

非常に重い気管支肺異形成症の新生児の場合、数カ月間治療を施しても死亡することがありますが、この病気にかかった新生児のほとんどは回復します。数年の間に、肺の損傷は治ります。しかし、この病気を経験した児は後に喘息(ぜんそく)やウイルス性肺炎、つまりRSウイルス(RSV)によって冬に発症する肺炎などにかかるリスクが高くなります。

長期にわたり人工呼吸器を使用している早産児や、呼吸困難の徴候があり長期にわたって酸素補給を必要としている早産児の場合、気管支肺異形成症の診断を行います。血液中の酸素濃度の測定でその値が低いことと、胸部X線画像の所見が診断に役立ちます。

予防と治療

人工呼吸器は、絶対に必要であるとき以外は使わないようにし、使う場合は肺を傷つけないよう可能な限り弱くします。新生児の場合、人工呼吸器はできるだけ早い時期に取り外す方が安全です。

気管支肺異形成症を発症した新生児の場合、初期段階ではチアノーゼを防ぐために酸素補給が必要となることがあります。

栄養状態を良好にしておくことは、新生児の肺を成長させて新しい肺の組織を良い状態に保つために重要です。肺の成長にしたがって、肺の損傷を受けた部位は全体の大きさに比べて小さくなり、問題視する必要もなくなってきます。

炎症を起こした肺には液体がたまりやすいため、1日の水分摂取量を制限する場合があります。尿として排出される液体の量を増やすため、利尿薬を使うこともあります。

気管支肺異形成症にかかっている新生児は、退院後も、タバコの煙、室内暖房器具やまきを燃やすストーブの煙にさらされることがないようにしなければなりません。上気道感染症患者との接触も避けなくてはなりません。場合によっては、RSウイルス感染症に対してある程度免疫をつけるために、このウイルスに対する特異抗体を投与することも可能です。この抗体は、秋から冬の間に1カ月ごとに注射しなくてはなりません。

個人情報の取扱いご利用条件