メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

早産による無呼吸

-
-

早産による無呼吸とは、20秒以上続く呼吸の停止がある状態をいいます。

早産による無呼吸は、妊娠34週以前に生まれた新生児によくみられ、極端な早産では頻度と重症度が増します。このような新生児は、呼吸をつかさどる脳の部分(呼吸中枢)が十分に発達していません。そのために、これらの新生児は正常な呼吸と短い呼吸停止を繰り返します。きわめて小さい早産児では、筋肉の緊張度が低かったり、首が前に曲がったりすることで、咽頭が一時的にふさがって、その結果無呼吸が生じることがあります。これは「閉鎖性無呼吸」と呼ばれます。いずれ呼吸中枢が発達すると、無呼吸の発作は減っていき、新生児が当初の出産予定日まで育つころにはみられなくなります。

症状と診断

早産児は常時モニターにつながれていて、新生児の呼吸が長い時間停止した場合や心拍数が下がった場合には警報が鳴るようになっています。発作の長さによっては、呼吸の停止により血液中の酸素濃度が低下して、皮膚が青みがかった色(チアノーゼ)になります。血液中の酸素濃度の低下は、心拍数低下(徐脈)の原因にもなります。

無呼吸は、血液の感染症(敗血症)、血糖値の低下(低血糖)、体温の低下(低体温)などの病気の徴候である場合もあります。したがって、新生児の発作の頻度が、突然あるいは予想外に増えた場合は、これらの病気がないかどうかを調べます。

治療

無呼吸はその原因に応じて治療します。咽頭の閉塞が原因の無呼吸は、新生児をあお向けの姿勢、あるいは頭が中心線にくる姿勢で横向けに寝かせると発作の回数が減ります。無呼吸の発作の回数が増えた場合、特に新生児がチアノーゼを起こしている場合は、カフェイン、アミノフィリンなどの薬剤によって呼吸中枢に刺激を与える治療をします。このような治療でも、頻回で重い無呼吸の発作を防げない場合、その早産児は持続的気道陽圧法(CPAP)や人工呼吸器による治療を受ける必要があります。

実際、ほとんどの早産児は、当初の出産予定日の数週間前あたりまでには無呼吸発作を起こさなくなります。ごく一部の乳児は退院後も自宅でモニターにつながれて、無呼吸の発作が完全にみられなくなるまで監視下に置かれますが、このような方法は標準的ではなく、一般的に認められたものでもありません。早産児の無呼吸と乳児突然死症候群(SIDS:普通生後数カ月で起こる)(乳児と幼児の健康上の問題: 乳児突然死症候群を参照)のリスクとの関連については、現在のところわかっていません。同様に、乳児が退院後も自宅で無呼吸のモニターをすることでSIDSのリスクが減るという証拠はありません。

個人情報の取扱いご利用条件