メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

皮膚発疹

-
-

乳児と幼い小児の皮膚発疹は、普通は重大なものではなく、その原因はさまざまです。

おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)は、皮膚がおむつの中で長時間尿や便に接触していたために起こる炎症で、真っ赤な発疹ができます。普通はおむつに触れていた皮膚にできます。おむつかぶれは真菌のカンジダによる感染症が原因でできることもあり、真っ赤な発疹が皮膚のしわにできて、小さな赤い斑点もできます。あまりみられませんが、細菌によるおむつかぶれもあります。おむつかぶれは、子供に常に不快な思いをさせるわけではありません。吸収性ゲルがあるおむつを使う、湿気を中に閉じこめるビニール製のおむつやおむつカバーの使用を避ける、おむつがぬれたら頻繁に取り換えることなどにより、おむつかぶれを予防したり、最小限にとどめることができます。母乳で育っている乳児は、おむつかぶれが比較的少ない傾向にあります。このような子供の便では、その中に含まれている皮膚に炎症を起こす酵素やそのほかの物質がやや少ないからです。

おむつかぶれの主な治療法は、おむつをこまめに取り替えることです。子供の皮膚は刺激の少ないせっけんと水で優しく洗うようにしなくてはなりません。多くの発疹は、このような方法だけで良くなります。亜鉛、ワセリン、ビタミンA・D含有クリームなど、皮膚の保湿剤と保護剤の軟膏を使うと効果があることがあります。カンジダ感染症と診断された場合は、抗真菌薬のクリームが必要となります。発疹の原因が細菌であれば、抗生物質のクリームを使います。

湿疹(アトピー性皮膚炎)とは、赤くてカサカサした乾いた発疹で、まだら状にできる傾向があり、できたり消えたりします。原因は不明ですが、湿疹は遺伝する傾向があり、多くはアレルギーのために起こると考えられています。多くの子供は成長していずれ湿疹は治癒しますが、一生続く場合もあります。重症の子供は、特に症状がある部分に断続的に感染症が起こります。治療として、皮膚の保湿剤、低刺激のせっけん、加湿器、コルチコステロイド薬、かゆみ止めなどを使用します。チリダニとそのほかのアレルギーを引き起こす原因を抑えるようにすると、症状が改善される場合があります。

揺籃帽(ようらんぼう:脂漏性皮膚炎)は、鱗(うろこ)状や痂皮(かひ)状の赤色と黄色の発疹が、乳児の頭部、ときには皮膚のシワにできる病気です。原因は不明です。脂漏性皮膚炎は害がなく、ほとんどの場合は乳児が6カ月齢になるまでに自然治癒します。治療としては、定期的に乳児の頭髪を洗って、鉱油で頭皮をマッサージします。乾燥した表皮が脱落したものである鱗屑(りんせつ)は、目の細かいクシを使って取ることができます。このような治療法で効果がない場合は、セレン入りのシャンプーやステロイド薬のクリームを使います。

白癬(はくせん)は、皮膚の真菌感染症です。子供の場合、頭皮への感染(頭部白癬)と体への感染(体部白癬、もしくは「ゼニタムシ」)が最もよくみられます。白癬の診断と治療は成人の場合と同様に行います(真菌による皮膚感染症: 水虫、たむし(白癬)を参照)。真菌感染症に対して炎症性反応を起こし、頭皮にかたまり(禿瘡[とくそう])ができる子供もいますが、この場合は追加の治療が必要です。

伝染性軟属腫とは、肉色をした真珠のような丘疹や隆起が多発するウイルス性皮膚感染症(ウイルス性皮膚感染症: 伝染性軟属腫を参照)で、通常は治療をしなくても消えます。

稗粒腫(ひりゅうしゅ)とは、小さい真珠のような嚢胞が新生児の顔面にできるもので、脂腺からの最初の分泌物が原因です。新生児ニキビ(新生児に多いあざや軽度な皮膚の異常を参照)と同様に治療は必要なく、生後間もなく消えます。

小児にみられるそのほかの皮膚発疹の多くは、ウイルス感染症によるものです。突発性発疹と伝染性紅斑(第5病)が原因の発疹は無害で、普通は治療をしなくても治ります(ウイルス感染症: 伝染性紅斑を参照)。はしか(麻疹)、風疹、水ぼうそう(水痘)による発疹は、子供が予防接種を受けているため、あまりみられなくなってきています。

個人情報の取扱いご利用条件