メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

かんしゃく

-
-

かんしゃくは子供にはよくあることです。1歳になる前くらいから現れはじめて、2〜4歳の間に最もよくみられ、普通は5歳を過ぎると減っていきます。5歳を過ぎてもかんしゃくを頻繁に起こす場合は、小児期の間ずっと続くことがあります。

かんしゃくの原因は、欲求不満、疲労、空腹などです。親の注意を引きつけたかったり、何かが欲しい、または何かをしたくないという理由で、かんしゃくを起こすこともあります。親は子供がかんしゃくを起こすと自分のせいだと思いがちですが(自分が親としていたらないからだと思ってしまうなど)、実際は子供の性格、そのときの環境、発達途上での正常な行動などが複雑に絡み合って起こるのです。心理的、医学的、あるいは社会的問題が根底にあることはまれですが、かんしゃくが15分を超えて続いたり、1日に何度も起こる場合には、これらが原因になっていると考えられます。

かんしゃくを起こした子供は、大声を出す、叫ぶ、泣く、のたうち回る、床を転がる、足を踏み鳴らす、ものを投げるなどします。それらの行動の一部は怒り狂っているかのようで、良くない影響があることもあります。子供は顔が真っ赤になり、たたいたり、けったりします。

かんしゃくを止めるには、まずやめなさいとだけ、はっきりと子供に求めるべきです。それで効き目がなく、子供の行動がかなりひどい場合は、その場から子供を連れ出さなくてはならないこともあります。この時点では、タイムアウトというやり方が効果的です。タイムアウトとは、しつけのテクニックで、子供の破壊的な行動をやめさせる際に使います。この方法は、2歳以上の子供に対して効き目があります。子供が良くない振る舞いを繰り返しした後、子供は決められた時間の間だけいすにおとなしく座らされます。時間は子供の年齢1歳に対して1分とし、上限を5分までとします。子供が決められた時間よりも早くいすから立ち上がったり、おとなしくしていなかったら、タイマーを再びセットし直します。

個人情報の取扱いご利用条件