メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

不登校

-
-

不登校は小中学校の子供全体の約5%にみられ、男女とも同程度に起こります。最もよくみられるのは、5〜6歳と10〜11歳です。

原因ははっきりしませんが心理的要因(不安や抑うつなど)や社会的要因(友達がいない、友達に拒絶されている、いじめられているなど)が関連している場合があります。感じやすい子供は教師の厳格さや非難に対し、恐れを感じて過度に反応することがあります。低学年の子供は仮病をつかったり、そのほかの言い訳を考えて、学校に行くのを避けようとします。胃痛や吐き気などの症状を訴えて、家にいることを正当化しようとします。はっきりと学校に行くことを拒む子供もいます。学校へは問題なく行くものの、学校にいる間不安などのさまざまな症状を起こして、保健室に頻繁に行く子供もいます。このような行動は、意図的に学校に行かない(無断欠席、「学校をさぼる」)青年期の若者とは異なります(青年期の問題: 学校での問題を参照)。

不登校は、学業成績の不振、家族の問題、友達とうまくいっていないことなどが原因となる傾向がみられます。多くの子供は不登校の状態から脱しますが、中には病気の後や長期休暇の後に再度不登校になる子供もいます。

家庭で勉強させることは、解決策にはなりません。不登校の子供は学業に遅れが出ないよう、すぐに学校に戻るべきです。不登校がかなり激しく子供の活動を妨げるほどになった場合や、親や教師が安心させただけでは効き目がない場合は、心理学者や精神科医にまかせる方がよいでしょう。

治療としては、親や教職員とコミュニケーションを図る、定期的に学校へ行く、家族と子供が一緒に心理療法を受ける、などがあります。心理療法では、学校でのストレスに対処するために、行動療法と同時に不登校の根底にある原因の治療も行います。

ストレス関連行動とは

ストレスに対応するやり方は、子供によってそれぞれ違います。子供がストレスに対処するために行う特定の行動には、親指しゃぶり、爪かみ、ときには頭をぶつけることなどがあります。

親指しゃぶり(またはおしゃぶりを吸うこと)は、小児期の初期にはよくみられる正常な行動で多くの子供は1〜2歳までにやめますが、中には学齢期になっても続く子供もいます。ストレスを感じたときなどにときたま親指をしゃぶるのは正常な行動ですが、5歳を過ぎても習慣的に続けていると口蓋の形が変わったり、歯並びが悪くなったりすることがありますし、ほかの子供たちにからかわれる原因にもなります。いつまでも親指しゃぶりが続くのは、情緒障害が潜在している徴候である場合もあります。

どの子供もいずれは親指しゃぶりをやめます。歯科医からやめさせるよう指導された場合や、社会的にみて不健康だと親が思う場合のみやめさせるようにします。その場合、なぜやめる方がいいのかを子供にやさしく言い聞かせます。子供にやめようという姿勢がみられた場合には、ときどき口頭でそれを思い出させてやるところから始めます。きれいな色の絆創膏を貼る、マニキュアを塗ったり無害なサインペンで星のマークを描いてあげるなど、親指の上に直接象徴的なご褒美をあげるのもよいでしょう。必要ならば、親指にビニール製の保護具をかぶせる、寝ている間に子供がひじを曲げないよう添え木をあてる、親指の表面に苦いものを塗るなどの補助的手段を行う場合もあります。しかし、これらの手段は子供の意思に反して行うべきではありません。

爪かみは、幼い子供にはよくみられる問題です。この習慣は子供が大きくなるにつれてなくなりますが、ストレスや不安と関連しているのが典型的です。子供に爪かみをやめさせようとする場合は、それに代わる習慣的行為(鉛筆をクルクル回すなど)を教えることもできます。

頭をぶつけることリズミカルに体を揺することは、健康な幼児にはよくみられます。親は驚きますが、子供自身は苦しんでいる様子はないですし、実際その行為を楽しんでいるようにみえます。

体を揺すったり転がったり、頭をぶつけるという行為は子供が18カ月齢から2歳までの間に普通は治まります。しかし、ときどき年長の子供や青年期の若者にもこれが繰り返し現れることがあります。

自閉症の子供やある種の発達障害がある子供も、自分の頭をぶつけます。しかし、これらの病気がある場合はそのほかの症状も現れますので、明らかに区別がつきます。

これらの行為で子供自身がけがをすることはまずありませんが、けがの可能性(と行為に伴う騒音)を軽減するには、ベビーベッドを壁から離れた位置に置き、車輪がついている場合はそれを外してベッドの下にカーペットを敷き、ベビーベッドの内側に安全パッドを取りつけます。

個人情報の取扱いご利用条件