メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

社会性の発達

-
-

小児期は、子供の生活の中心は家族です。青年期には、しばしば仲間の集団が、子供にとって最初の社会の中心だった家族に取って代わる存在になりはじめます。服装、容姿、態度、趣味、関心事、そしてそのほかの特徴における違いから、仲間の集団が形成されることはよくありますが、それらの違いは部外者からみると理解し難かったり、ささいなものであったりします。最初のうちは、このような集団は同性だけで構成されていますが、青年期の後期には男女混成になることがよくあります。このような集団は、若者のあやふやな選択に正当性を与えてくれ、ストレスの多い状況を支えてくれるため、青年期の若者にとって重要なものと考えられます。

さまざまな理由から仲間の集団をみつけることができない青年期の若者は、しばしば自分は人と違っているという感情や疎外されているという感情を強く感じます。このような感情は永続的な影響はあまりないのですが、これが社会秩序を乱す行動や反社会的行動を起こす可能性を強めることがあります。それと対極をなす例として、仲間の集団の重要性が青年期の若者にとって大きくなりすぎる場合もあります。家庭や社会環境が、仲間の集団の反社会的な要求を打ち消すことができない場合、暴力団に加わったり、そのような行動を起こすこともよくみられます(青年期の問題: 行動の問題を参照)。

個人情報の取扱いご利用条件