メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

細菌性髄膜炎

-
-

細菌性髄膜炎とは脳と脊髄を覆っている膜(髄膜)に起こる感染症です。

髄膜炎はどの年代にも起こります。髄膜炎は年長の小児と青年期の若者と成人(脳と脊髄の感染症: 急性細菌性髄膜炎を参照)では似ていますが、新生児と乳児では異なります。

鎌状赤血球症や脾臓のない子供は髄膜炎にかかるリスクが特に高くなります。顔面や頭蓋(とうがい)に先天性の奇形がある子供はその部分の骨にも異常をもつことがあり、細菌が髄膜に侵入しやすくなります。エイズの子供や化学療法を受けている子供は免疫系の機能が低下しているので、髄膜炎にかかりやすくなります。

原因

新生児の髄膜炎は、通常、産道で感染する細菌によって引き起こされます。そのような細菌で最もよくみられるのは、B群レンサ球菌大腸菌リステリア菌などです。年長の小児は普通、感染者の呼吸器の分泌物に接触することで感染症を発症します。年長の小児に感染する細菌には、肺炎球菌髄膜炎菌などがあります。インフルエンザ菌b型は髄膜炎の原因菌として最もよくみられるものでしたが、この菌に対する予防接種が広まったため今ではまれになりました。新しく改良された肺炎球菌に対するワクチンも、この細菌による子供の髄膜炎をまれなものにすると思われます。

症状と診断

髄膜炎を起こした年長の小児や青年期の若者は通常、数日間熱が高くなり、頭痛、錯乱、首のこわばりなどがみられます。髄膜炎とは関係なく、上気道感染症を起こしていることもあります。新生児と乳児では首のこわばりがみられることはまれですが、特有の不快な症状があってもそれを伝えることができません。このような幼い子供は落ち着かなく怒りっぽくなり(特に抱かれたとき)、ほ乳をやめてしまいますが、これは重大な問題が起きている可能性を親に伝える重要な徴候です。ときに新生児と乳児は、熱、嘔吐、皮膚の発疹がみられることがあります。3分の1ではけいれんがみられます。眼と顔の動きをつかさどる神経が損傷を受けて、眼が内側や外側に寄ったり、顔の表情がゆがむようになったりします。髄膜炎のある新生児の約25%では、脳の周囲にある液体の圧が上昇して、泉門(頭蓋骨の間にある軟らかい部分)が腫れたり硬くなったりします。このような症状が普通は少なくとも1〜2日かけて現れますが、一部の乳児、特に生後3〜4カ月の乳児では、急速に具合が悪くなって24時間以内に健康な状態から瀕死の状態にまで悪化する場合があります。

ある種の細菌が原因で、髄膜炎を伴う乳児の脳の内部に膿の蓄積(膿瘍)が形成されることがまれにあります。膿瘍が大きくなると脳内の圧が上昇し、嘔吐や頭部の拡大、泉門の腫れを引き起こします。

細菌性髄膜炎は、脊髄穿刺(腰椎穿刺)(脊椎穿刺の実施方法を参照)で採取した脳脊髄液サンプルの検査と培養によって診断します。血流中の細菌を調べるための血液培養も行います。また膿瘍の存在を調べるために、超音波検査やCT(コンピューター断層撮影)検査を行うこともあります。

予防、治療と経過の見通し

すべての子供がインフルエンザ菌b型と肺炎球菌の予防接種を確実に受けるようにすると、細菌性髄膜炎の予防に役立ちます。

時宜を得た適切な治療を施しても、細菌性髄膜炎を起こした新生児の30%は死亡します。月齢の高い乳児と子供の死亡率は、インフルエンザ菌b型が細菌性髄膜炎の原因の場合は3〜5%、髄膜炎菌が原因の場合は5〜10%、肺炎球菌が原因の場合は10〜15%と幅があります。脳膿瘍がある子供の25%近くは死亡します。

生存した乳児では、10〜20%に脳と神経に重大な損傷が生じ、脳室の拡大(水頭症)、難聴、脳性麻痺(まひ)、精神遅滞などが起こります。50%までの乳児に学習障害、軽度の難聴、ときおりのけいれんなど軽度の後遺症が残ります。

髄膜炎が疑われたら、ただちに高用量の抗生物質を静脈内投与します。非常に容体の悪い子供の場合は、脊髄穿刺を行う前に抗生物質を投与します。抗生物質の種類は髄膜炎を起こしている細菌の種類によって決まります。生後6週間を過ぎた子供には、永続的な神経障害を予防する目的でコルチコステロイド薬を投与します。

個人情報の取扱いご利用条件