メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

咽後膿瘍

-
-

咽後膿瘍とは、のどの後ろにあるリンパ節に膿がたまったものです。

のどの後ろにあるリンパ節は小児期を過ぎると消えるので、咽後膿瘍は成人ではほとんど起こりません。膿瘍は通常、扁桃、のど、副鼻腔、アデノイド、鼻、中耳から広がった細菌感染症により生じます。多くの感染症は複数の細菌により起こります。魚の骨のような鋭利なものによるのどの後ろの損傷が、しばしば咽後膿瘍を引き起こします。まれですが、結核が原因で咽後膿瘍ができることもあります。

症状と診断

主な症状は、ものを飲みこむときの痛み、発熱、首のリンパ節の腫れです。聞きとりにくい声になり、子供はよだれを垂らします。膿瘍が気道をふさぐと、呼吸困難が起こります。子供はあお向けに寝て、頭と首を後ろに反らし、あごを上げて呼吸が楽な姿勢をとります。

合併症として、膿瘍周囲の出血、気道内への膿瘍の破裂(その場合気道をふさぐことがあります)、肺炎があります。喉頭(こうとう)がけいれんして呼吸を妨げることがあります。首の頸静脈に血のかたまりができる場合があります。感染症は胸部にまで広がる可能性があります。

症状を診察した後に、首のX線検査とCT検査を行い、診断を確定します。

治療と経過の見通し

咽後膿瘍は、ときに膿瘍を外科的に切開して、膿を排出する必要があります。ペニシリンとメトロニダゾール、クリンダマイシン、セフォキシチンやそのほかの抗生物質を最初は静脈注射で、その後は経口で投与します。迅速に治療を行えば、大半の子供は軽快します。

個人情報の取扱いご利用条件