メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

喉頭蓋炎

-
-

喉頭蓋炎(こうとうがいえん)とは喉頭蓋に起こる重症の細菌感染症で、気管をふさいで空気の流れを妨げることがあります。

喉頭蓋とは、ものを飲みこむときに声帯と気管(喉頭と気管)の入り口を閉じる組織です。喉頭蓋炎は2〜5歳の子供に最もよくみられます。2歳未満の子供にはあまりみられませんが、成人も含むどの年代の人にも発症することがあります(のどの病気: 喉頭蓋炎を参照)。過去には、子供の喉頭蓋炎の大半はインフルエンザ菌b型が原因でした。現在では、ほとんどの子供がインフルエンザ菌b型に対する予防接種を受けているので、この病気はきわめてまれになり、通常は肺炎球菌、そのほかのレンサ球菌ブドウ球菌が原因となります。喉頭蓋炎の子供はしばしば血流中に細菌が存在し(菌血症)、感染症が肺、関節、脳を覆う組織(髄膜)、心臓周囲の嚢(のう)、皮下組織などに広がることがあります。

症状

この感染症は通常、突然に始まり急速に進行します。健康だった子供にのどの痛みが生じ、しばしば高熱を出します。嚥下困難と呼吸困難もよくみられます。子供は普通よだれを垂らし、呼吸が速くなり、息を吸う際に高い音(喘鳴[ぜんめい]といいます)をたてます。呼吸困難が起こると、しばしば子供は肺に届く空気の量を増やそうとして前かがみになり、首を後ろに反らします。苦しい呼吸の結果、血流中に二酸化炭素が蓄積して酸素量が減少し、興奮と錯乱が起きてその後脱力状態(ぐったりした状態)になります。喉頭蓋が腫れると、たんを吐き出すことが困難になります。喉頭蓋炎は感染して腫れた組織が気道をふさいで呼吸をさえぎるため、短い間に致死的になることがあります。

予防、診断、治療

喉頭蓋炎は治療よりもまず予防です。予防には、すべての子供にインフルエンザ菌b型と肺炎球菌の予防接種を確実に受けさせることです。

喉頭蓋炎は緊急に治療を必要とする病気なので、喉頭蓋炎が疑われた場合は、その子供をすぐに入院させます。子供に喉頭蓋炎の典型的な症状のすべてが出ているわけではなく、状態もそれほど悪くないようであれば、頸部のX線検査を行い、喉頭蓋の肥大を確認します。診察の際、のどを診るために子供を押さえつけたり舌圧子を使用することはしません。このような行為はのどのけいれんを引き起こしたり、喉頭蓋炎を起こしている子供の気道を完全にふさいでしまうことがあるからです。

写真

喉頭蓋炎

喉頭蓋炎

X線検査で喉頭蓋の肥大がみられた場合や、子供の容体がかなり悪い場合は、手術室で喉頭鏡を用いて麻酔下に子供の検査を行います。検査で喉頭蓋炎が発見された場合やのどのけいれんが起こった場合は、合成樹脂性のチューブ(気管チューブ)を挿入して気道を確保しておきます。気道の腫れがひどく気管チューブを挿入できない場合には、頸部の前面を切開して(気管切開)、そこからチューブを挿入します。このチューブは喉頭蓋の腫れが治まるまで数日間留置しておきます。セフトリアキソンやスルバクタム・アンピシリンなどの抗生物質も投与します。子供の気道が広がれば、その後の経過は良好です。

個人情報の取扱いご利用条件