メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

伝染性紅斑

-
-

伝染性紅斑(第5病)とは感染性のウイルス感染症の1つで、しみのような、あるいは隆起した赤い発疹ができて、やや具合が悪くなります。

伝染性紅斑はヒトパルボウイルスB19が原因で起こりますが、春に最もよく発症し、しばしば限られた地域の子供と青年期の若者の間に流行します。この感染症は主に、感染している人が呼吸の際に吐き出した飛沫を吸うことで広がります。妊娠中に母親から胎児に感染することもあり、その場合まれですが、胎児に死産や重症の貧血、水分貯留と腫れ(浮腫)を引き起こします(水症)。

症状は感染してから約4〜14日後に現れはじめます。症状はさまざまで、まったく症状がない子供もいます。しかし、伝染性紅斑の子供は通常、微熱があり、少し気分がすぐれず、しばしばたたかれた後のようにほおが赤くなるなどの症状が現れます。1〜2日以内に発疹が現れ、特に腕、脚、胴体に多くみられますが、手のひらや足の裏には通常できません。発疹はかゆみを伴い、隆起してしみのように赤い部分やレース模様の部分があります。発疹は日光にあたると悪化することがあるので、特に衣類で覆われていない腕の部分にできます。

写真

伝染性紅斑

伝染性紅斑

この病気は一般に5〜10日間続きます。その後数週間は、日光、運動、暑さ、発熱、感情的ストレスなどに反応して、発疹が一時的に再発することがあります。青年期の若者では、関節に軽度の痛みと腫れが残ったり、数週間から数カ月の間、これらの症状が出たり消えたりすることがあります。

伝染性紅斑は、特に鎌状赤血球症や後天性免疫不全症候群(エイズ)などの免疫不全疾患にかかっている子供では、違った形で現れることがあります。ウイルスが骨髄を侵して、重い貧血を引き起こす場合があります。

診断は、特徴的な発疹の外見に基づいて行います。血液検査はウイルスを特定するのに役立ちますが、ほとんど行いません。治療では発熱と痛みを和らげることを目指します。

個人情報の取扱いご利用条件