メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

突発性発疹

-
-

突発性発疹とは、乳児やごく幼い小児に起こる感染性のウイルス感染症で、高熱が出た後に発疹が生じます。

突発性発疹は春と秋に最もよく起こり、ときには局地的な流行がみられます。通常、原因はヘルペスウイルス6ですが、これはたくさんあるヘルペスウイルスの1種です。突発性発疹を発症する子供の大半は6カ月齢から3歳です。

感染後約5〜15日で症状が現れはじめます。39〜41℃の熱が突然出て、3〜5日間続きます。5〜15%の子供では高熱のためにけいれんが起こりますが、これは特に熱が急に出てすぐに下がる際に起こります。高熱にもかかわらず、子供は普通元気で活発です。軽度の鼻水、のどの痛み、胃のむかつきなどがみられる子供も少しいます。頭の後ろ、首の横、耳の後ろのリンパ節が腫れることもあります。熱は普通4日目には下がります。

子供の約30%では、熱が下がってから数時間後、遅くとも1日以内に発疹が現れます。この発疹は赤くて平らですが、部分的に盛り上がることもあり、ほとんどは胸部と腹部にできて、顔面や腕、脚にはあまり広がりません。発疹にはかゆみはなく、数時間から2日で消えます。

写真

突発性発疹(小児バラ疹)

突発性発疹(小児バラ疹)

医師は症状に基づいて診断します。抗体検査とウイルスの培養はほとんど必要ありません。

発熱はアセトアミノフェンかイブプロフェンで治療します。けいれんと発疹には、特別な治療は必要ありません。しかし、これらに驚いて、ほとんどの親は子供を医師に診てもらいます。

個人情報の取扱いご利用条件