メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

腸重積症

-
-

腸重積症とは腸の一部が腸の別の部分にはまりこんで、腸の閉塞や血流の遮断が起こる病気です。

腸重積症は典型的には月齢6カ月から2歳の子供にみられますが、腹痛の原因としてはまれです。ときおり年長児に起こることもあります。ほとんどの例で原因は不明です。まれですが、憩室やポリープ、腫瘍(しゅよう)が原因で腸壁が厚くなり、結果として腸重積症が起こることがあります。

症状

腸重積症は通常、ほかの点では健康な子供に突然の痛みを引き起こします。初期段階では、痛みは出たり消えたりを繰り返し、子供は痛みの発作時には脚を上げて胴体に引きつける姿勢をとる場合があります。痛みのないときは子供の様子は普通に戻りますが、徐々に痛みが続くようになります。痛みの発作の間は怒りっぽくなったり元気がなくなったり無気力になる子供もいます。しばらくしてから、子供に嘔吐、血と粘液の混じった便通(「アカスグリのゼリー」様便)、発熱などがみられることもあります。もし発見されず未治療のままだと、腸の組織が壊死(えし)を起こし、腸から血流中へと細菌が広がることがあります。

診断と治療

子供の症状と診察に基づいて、医師は腸重積症を疑います。X線検査は有効ですが、およそ3分の1では結果は正常と出ます。超音波検査の方が有効性は高いのですが、バリウム注腸を行った方が診断と治療の両方に効果があります。バリウム注腸では、子供の直腸からバリウムと空気を注入してからX線画像を撮ります。バリウムと空気による圧力が、重なった腸の部分を押して元の場所に戻します。バリウムなしで空気だけを注入することもあります。この処置がうまくいけば、子供は短時間で治療を終えて帰宅できます。腸重積症は次の1〜2日間は再発しやすいので、親は子供の様子を家でも観察するようアドバイスされます。

バリウム注腸で腸重積が解消されない場合、子供の容体が悪くてバリウム注腸に耐えられない場合、腸重積症を再発した場合、合併症が起きた場合などには、手術が必要になります。再発の場合には、手術はその状態を解消することに加え、再発の原因となった可能性のあるポリープや腫瘍、そのほかの異常などを探すことも目的とします。

個人情報の取扱いご利用条件