メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

先天性緑内障と先天性白内障(そのほかの先天異常を参照)は新生児にまれにみられる病気です。近視、遠視、乱視(屈折障害)などの視界がぼやける眼の障害は子供にも起こりますが、その治療の必要性は成人ほどではありません。左右の眼の向きが不ぞろいな状態(斜視)など、子供により多くみられる問題もあります。屈折障害や斜視は視力の低下(弱視)を引き起こすことがあります。

子供にみられる屈折障害

近視、遠視、乱視などの屈折障害は、眼が網膜上に正しく像を結べなくなったために視界がぼやける状態です。この現象が片側の眼だけに起こると視力が低下します(弱視)。

屈折障害の症状は子供でも成人でも同じですが(屈折異常: 症状と診断を参照)、幼い子供は視力に問題があってもそれを伝えられません。子供がきちんと見えていないことに最初に気づくのは、学校の教師や看護師の場合があります。

すべての子供は屈折障害の検査を受ける必要があります。診断方法は子供でも成人でも大差ありません。3〜4歳の幼い子供の場合、絵や記号や文字で作られた視力検査表を使って検査できます。左右いずれかだけに生じた視力低下を調べるため、視力は片側ずつ検査します。検査しない方の眼は眼帯などで覆います。

屈折障害を治療するには、子供でも成人でも普通は眼鏡を使った矯正を行います。子供の場合はコンタクトレンズはあまり使用しません。多くの子供はコンタクトレンズの手入れをして清潔に保つことができません。洗浄や衛生管理が不十分なコンタクトレンズは眼の感染症の原因になります。また、子供の場合コンタクトレンズをすぐになくす心配もあります。

個人情報の取扱いご利用条件