メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

脊柱後弯症

-
-

脊柱後弯症(ショイエルマン病)では、脊椎の軟骨組織の変異(骨軟骨炎)が猫背を引き起こします。

脊柱後弯症:猫背

脊柱後弯症:猫背

ある程度の脊柱後弯症はよくみられる病気で、青年期では女子より男子に多くみられます。原因は不明です。主に背中上部で椎骨のそれぞれが前方へと曲がります。その結果、背中が猫背になります。脊柱後弯症のある子供の多くに脊柱側弯症がみられます(脊柱後弯側弯症)。

脊柱後弯症は多くの場合、症状を引き起こしません。軽度で持続的な背中の痛みが生じることはあります。この病気は体の外見に変化が生じることで発見されます。肩は丸くなってみえます。脊柱の上部が普通より曲がってみえたり、はっきり猫背とわかるようになることもあります。症状の出ない軽度の脊柱後弯症は定期健康診断で発見されます。確定診断には脊柱のX線撮影をして椎骨の曲がりと変形をみます。

治療としては、通常、脊柱矯正用ブリッジの装用や硬いベッドに寝ることなどを行います。軽度の場合は治療によって脊柱が真っすぐにはなりますが、症状は改善されない場合があります。軽度の脊柱後弯症の治療が弯曲の悪化を防ぐかどうかはわかっていません。重い場合は治療で症状が改善され、弯曲の悪化を防ぐことができる場合があります。まれですが治療をしても病状が悪化し、脊柱矯正のための手術が必要になることもあります。

個人情報の取扱いご利用条件