メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

オズグッド‐シュラッター病

-
-

オズグッド‐シュラッター病とは脛骨頭の骨と軟骨に起こる炎症です。

この病気は10〜15歳の子供にみられ、普通は男子に発症します。原因は膝蓋骨(しつがいこつ)の腱(けん:膝蓋腱)と脛骨が接合する部分が繰り返し強く引っぱられることだと考えられています。この部分は脛骨結節と呼ばれています。

主な症状は脛骨結節の痛みです。痛みは動かすとひどくなり、安静にしていると和らぎます。やがてその部分に腫れと圧痛が生じます。膝のX線撮影を行うと、脛骨結節の肥大や断裂がわかります。

スポーツや激しい運動を控えると痛みが軽減されます。膝を深く曲げないようにするとかなり効き目があります。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)でも痛みは緩和されます。治るまでには数週間から数カ月かかります。かかとからもも上部まで脚全体を数週間ギプスで固定しなくてはならない場合もあります。

個人情報の取扱いご利用条件