メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

膝蓋軟骨軟化症

-
-

膝蓋(しつがい)軟骨軟化症とは、膝頭(膝蓋骨)の下にある軟骨が損傷した状態をいいます。

膝蓋軟骨軟化症は主に青年期の若者にみられ、ジョギングする人は特によく発症する傾向があります。原因は膝蓋骨のずれによって起こる軽度のけがが繰り返されることによると考えられます。このずれがあると膝を曲げる際、膝蓋骨の下にある軟骨と他の骨の間に摩擦が生じます。

鈍くてうずくような痛みが膝の周囲と裏側に起こります。上る動き、特に階段の上り下りと走ることが痛みをひどくします。長時間座っていることでも痛みが悪化します。診断は症状と理学的な検査に基づいて行われます。おそらく医師は大腿四頭筋を強化する運動を勧めるはずです。この運動は膝の関節を伸ばしたり曲げたりするものです。ストレッチ運動をして膝の柔軟性を良くすることも効果があります。痛みをひどくするような運動や活動は控えます。イブプロフェンやナプロキセンなどの非ステロイド性消炎鎮痛薬は痛みの緩和に役立ちます。

個人情報の取扱いご利用条件