メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

うつ病などの重大な精神疾患は、小児期に発症することがよくあります。自閉症などは小児期に限って発症します。

わずかな例外を除けば、精神疾患の症状はすべての子供が経験する感情に似ています。悲しみ、怒り、疑念、興奮、引きこもり、孤独などがそれです。病気と正常な感情の違いは、その感情が子供を押しつぶして日常生活に支障を来したり、子供を苦しめるほど強いかどうかという程度の差にあります。子供が抱く特定の考えや感情が普通ではなく、病気の域に達しているかどうかを診断するには、明確な判断基準を用いる必要があります。

子供の場合、精神疾患が精神衛生と全体的な発達の両面に影響を与える場合があります。このような疾患は広汎性発達障害と呼ばれています。自閉症、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害、レット障害、小児期崩壊性障害などがこれにあたります。広汎性発達障害は社会性の欠如、固定化または儀式化された行動、異常な言語の発達と使用、ときには知的障害などから成る一群の障害です。

個人情報の取扱いご利用条件