メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

うつ病

-
-

うつ病とは、非常に強い悲しみの感情です。うつ病は最近起きた喪失体験や悲しい出来事などの後に生じることもありますが、そのような出来事と不釣り合いなまでに悲しみが強くなったり、しかるべき期間を過ぎてもその悲しみが続くことをいいます(うつ病と躁病: うつ病を参照)。

悲しみやみじめな気持ちは普通の感情で、悩みのある状況でそう感じるのは自然なことです。子供の場合は親の死や離婚、友達の転居、学校への不適応、友達ができないことなどがそのような感情を引き起こします。しかし、ときには悲しみの感情がその出来事と不釣り合いなほど強くなったり、非常に長い期間続くことがあります。特に否定的な感情によって普段の生活に支障を来すような場合は、子供は抑うつ状態になっている可能性があります。子供でも成人の場合と同様に、特に悲しい出来事がなくてもうつ病になることがあります。このようなうつ病は、気分障害の家族歴がある場合によくみられます。

うつ病は子供の1〜2%、青年期の若者の8%にみられます。うつ病の原因は不明ですが、脳の化学作用の異常がかかわっていると思われます。遺伝的にうつ病になりやすい人もいます。うつ病は人生経験と遺伝的な要因が組み合わされて起こるのだと考えられます。甲状腺機能低下症などの病気が原因となることもあります。

症状と診断

子供のうつ病の症状は、非常に強い悲しみや自分は無価値だという感情、罪悪感などと似ています。子供はスポーツやビデオゲーム、友達と遊ぶなど、普段は喜んですることに対する興味を失います。食欲は増加する場合も減退する場合もあり、著しい体重の変化を引き起こします。睡眠障害もよく起こり、不眠症と睡眠過剰の両方がみられます。うつ病の子供は活気がなく身体的にも活発でないことがよくあります。しかし幼い子供ではうつ病の症状が外見上は相反する症状、たとえば過度の活動や攻撃性、反社会的行動などによって隠されていることがあります。うつ病の症状は子供の思考力や集中力の妨げとなって、学校の勉強がうまくいかなくなります。自殺の考えやその願望をもつことや、または実際に試みることもよくあります。医師はうつ病の子供の自殺のリスクについては、必ず評価しなくてはなりません。

うつ病の診断は、子供の状態に関する情報を参考にして行います。具体的には本人との面談と親や教師からの情報などをもとに判断します。うつ病と不幸な出来事に対する正常な反応を判別するには、周到に組み立てられた質問表(うつ病と躁病: 診断を参照)が役立ちます。診察では子供のうつ病に家庭や社会的なストレスが関係していないかどうかを探り、甲状腺機能低下症などの病気が原因でないかどうかを確認します。

治療

大人と同様、子供のうつ病の程度にもかなりの幅があり、治療の強さは症状の重さによって決めます。

抗うつ薬は脳の化学作用の不均衡を修正できます。うつ病の子供や青年期の若者に処方される抗うつ薬として最も一般的なのは、選択的セロトニン再取りこみ阻害薬(SSRIs)のフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチン(うつ病の主な治療薬を参照)などです。イミプラミンなどの三環系抗うつ薬は、子供には大人ほど効果がなく副作用が大きいので、ほとんど用いません。

うつ病には薬物療法以外の治療も必要です。個人で受ける精神療法やグループ療法、家族療法などが有効です。自殺傾向のある子供は入院の必要がありますが、自殺傾向が消えるまでの短期間の入院ですみます。

子供のうつ病の症状

  • 悲しそうな雰囲気
  • 無気力
  • 友人や社会的な場から引きこもる
  • 楽しむ能力が減退する
  • 拒絶されている、愛されていないといった感情をもつ
  • 睡眠障害が起きたり、悪夢をみる
  • 自分を責める
  • 食欲減退、体重が減る
  • 自殺を考える
  • 大切にしていた持ちものを手放す
  • 新たな身体的苦痛を訴える
  • 成績が落ちる

個人情報の取扱いご利用条件