メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

児童保育

-
-

約80%の子供は、小学校にあがる前に家庭外で保育を受けます。5〜12歳の子供の多くは登校前や放課後に家庭外で保育を受けます。児童保育を提供する人や場としては親戚、近隣の住人、公認または無認可の保育所、児童保育センターなどがあります。自宅で親戚やベビーシッターに保育してもらうことも可能です。児童保育センターは設置許可を得ている施設と公認施設があります。両方を取得している施設もあります。公認されるためには設置許可を得ているだけの施設よりも高い水準に達している必要があります。

家庭外での保育はその質にかなりの幅があり、非常に優れたものから劣るものまでさまざまです。家庭外での保育にはメリットもあります。特に片親の場合など、親と一緒に過ごしたり遊んでもらうことができない子供は、質の高い保育を受けることで社会面と学業面での刺激を受けることができます。 

音楽や本、芸術、言語に早い時期から触れることは、子供の知能と創造性の発達に役立ちます。集団で遊ぶことは社会性を育てます。戸外で元気よく遊ぶことで抑えられていた身体的エネルギーを発散でき、筋肉の発達も促されます。自分から行動を起こすことは子供の自立に役立ちます。数時間ごとに栄養のある食事やおやつを摂取する必要もあります。テレビやビデオは子供の発達にはあまり役立たないため、避けることが望ましいでしょう。テレビを見る場合には子供の年齢にふさわしい番組を選び、大人が監督する必要があります。

個人情報の取扱いご利用条件