メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

恒温動物である人間は、外気温の変動にかかわらず、体温を常に37℃前後という一定の狭い範囲に保っています。体の機能が正常に働くためには、体温を一定に保つ必要があります。体温が上昇しすぎたり、逆に下がりすぎると、臓器に障害が生じ、死に至ることがあります。

体は熱を生成したり放散して体温を調整します。熱を生成する代表的な方法として化学反応(代謝)があり、ほとんどは食物をエネルギーに変換した結果です。また体を動かしたときの筋肉の動きによっても熱は生じます。体を冷やす方法には、放熱や発汗があります。体温が外気温より高い環境では、主に放熱(温度の高い所から低い所へ熱が伝わること)によって体を冷やします。発汗とは汗腺から出た水分(汗)が蒸発することで皮膚の温度が下がることです。外気温が体温より高いときや運動中は、主に発汗によって体温を下げます。湿度(大気中の水分量)が高いと水分が蒸発しにくくなり、発汗の効果が妨げられます。そのため高温多湿の天候では熱が発散しにくくなります。

高温による障害は、熱が過剰に生成された場合と、熱の放散がきわめて少ない場合に起こります。汗が過剰に出ると、体から水分と塩分(電解質)が奪われ、血圧の低下や痛みを伴う筋収縮が起こります。高温による障害は水分と塩分の損失が多くなるほど、重症度が増します。少量から中程度の水分と塩分の損失なら熱けいれん、中程度から多量の損失では熱疲労、多量の水分と塩分の損失では熱射病が起こります。

高温多湿の状態では、熱の放散が効率良く行われません。放熱効果が悪化する原因はほかにもあります。たとえば、丈夫できつい防水加工の衣類などを着ていると、通気性が悪く空気や水分を通しにくいために、皮膚表面から汗が蒸発できず、体の冷却機能が妨げられます。主に抗精神病薬や抗コリン作用をもつ薬(抗コリン作用とはを参照)などある種の薬や、嚢胞性線維症、強皮症、乾癬(かんせん)、湿疹などの皮膚の病気、重度の日焼けによっても、発汗作用の低下が起こります。肥満は心臓に負担をかけ、発汗に必要な心拍上昇のための余力を奪うため発汗作用が弱まります。また厚い脂肪の層が内臓からの放熱を妨げるため、高温による障害が起こりやすくなります。アルコールの影響で、高温による障害を防ぐための反応が阻害されることもあります。たとえばひどく酔ってしまい酩酊(めいてい)状態にある人は、涼しい所に移動したり、厚い衣服を脱いだり、冷房をつけるなどの行動が取れません。

熱の過剰な生成の多くは発熱、甲状腺機能の亢進、過度の労作、コカインやアンフェタミンなどの覚せい剤が原因で起こります。てんかん発作、興奮、アルコールや薬の離脱症状などによっても、激しい筋けいれんが生じます。

高温による障害のリスクは、たとえば夏の暑い日に子供が車の中に残された場合など、急激に高温の状態にさらされた場合に高くなります。長い時間をかけて高温多湿になった場合には、体が適応するため、体温を通常に保ちやすくなります。この過程を順化といいます。若い人や身体機能が活発な人では、高齢の人や身体機能が活発でない人よりも早く順化します。

予防

高温による障害の予防には、常識を働かせることが大切です。たとえば非常に暑い場所での激しい運動を避ける、高温多湿の環境では薄着にして、体を締めつける衣類は着用せず、綿など通気性の高い素材の衣服を着るといったことです。汗をかくと水分と塩分が失われるので、トマトジュース(塩分を含むもの)や冷たいブイヨンなどの薄い塩味の飲食物を摂取して補充します。市販の清涼飲料の多くは余分な塩分を含んでいます。必要な水分を補給するためには、のどの渇きがおさまってからもさらに水分を摂取することが必要です。高温環境での作業が避けられない場合は、水分を十分に摂取し、頻繁に皮膚に霧を吹いたり冷たい水でぬらして冷やすことで、平熱に近い体温を保つようにします。

戸外での活動に従事する人は、大量の水を飲んでいると血液中の塩分が薄くなります。水分と一緒に、スナック菓子でも何でもよいので塩分の多い食品を取ることで、塩分不足を解決できます。

自動車の車内など閉め切った換気の悪い場所では、温度は急激に上昇します。暑い日中には扉を閉めた自動車の内部の温度は、15分間で27℃から50℃にまで上がります。たとえ数分間であっても、決して子供やペットを車内に残すべきではありません。

個人情報の取扱いご利用条件