メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

熱疲労

-
-

熱疲労は、暑さによって塩分(電解質)と水分が過剰に失われる状態で、血液量が減少するためにさまざまな症状を生じます。失神や虚脱がみられることもあります。

熱疲労は熱けいれんより重症です。より大量の水分や塩分が失われ、症状も重くなります。

症状と診断

めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、眼のかすみ、筋肉の痛み、吐き気や嘔吐などが起こります。立っていると失神したり、意識を失うこともあります。普通は汗を大量にかいていて、ときに軽い錯乱も生じます。心拍数や呼吸数は上昇し血圧は下がります。体温は平熱のことも高いこともありますが、40℃を超えることはありません。

熱疲労はその症状と、暑さにさらされた後に起きたことから診断されます。

治療

患者を涼しい場所へ移動させ、水分の補給(補水)と塩分の補給を行います。軽症の場合は、数分おきに薄い塩分を含む冷たい飲みものを少しずつ飲ませるだけで十分です。衣類をゆるめるか脱がせて、ぬれた布や氷枕を皮膚にあて、体を冷やします。

意識を失っていたり、錯乱、呼吸数や心拍数の増加、血圧の低下がみられる場合は、静脈から水分補給を行います。水分を補給すると、多くは急速に回復します。熱疲労を治療せずにいると、熱射病を起こすおそれがあります。

個人情報の取扱いご利用条件