メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

低体温症

-
-

低体温症は、生命が危険なレベルまで体温が下がる状態です。

低体温症は、体から失われる熱量が、代謝で生成される熱量と、外部からの熱(日光や暖炉などの熱)の総和を上回ったときに起こります。冷たい地面に座ったり横たわっている、水に漬かる、風にあたるといった条件が加わると、熱の損失は激しくなります。非常に低温の水に急に漬かると、5〜15分間で生命にかかわる低体温症になります。しかし、ときに氷水の中に1時間もいた乳児などが命をとりとめた例があります。これはショックによってすべての身体機能が停止し、結果的に体の重要な機能が保たれたためです。やや冷たい程度の水でも、長時間入っていると低体温症が起こりえます。

脳卒中で倒れたり、中毒や外傷などにより意識不明になった人が、寒い場所に横たわったままでいると低体温症のリスクが高くなります。寒い場所から移動できず、体を動かして熱を生成することもできないからです。このようなケースでは、気温が13〜16℃程度でも低体温症になるおそれがあります。乳幼児や高齢者では、とりわけリスクが高くなります。なぜなら、これらの人たちは、若い成人ほど寒さへの適応力がなく、防寒対策を他者に依存しているからです。特に高齢者が寒い部屋で何時間もじっと座っていると、低体温症になることがよくあります。また乳児も体から熱を急速に失い、低体温症になりやすい傾向があります。

症状

低体温症の症状はきわめて徐々に進行するので、本人も周囲の人もなかなか気がつきません。体が激しくふるえ、歯がカチカチ鳴るなどの症状がまず現れます。体温がさらに下がるとふるえは止まり、動きが緩慢でぎこちなくなり、あらゆる反応に時間がかかり、思考がぼんやりして正常な判断ができなくなります。倒れたり、徘徊(はいかい)したり、休もうとして横になります。体温が下がり続け、ふるえが止まるのは良くない徴候で、反応がさらに鈍くなり、昏睡状態に陥ります。心拍数や呼吸数は低下して弱くなります。ついには心臓が停止します。

体温が低くなるほど、死亡のリスクは増大します。体温が31℃を下回ると死に至るおそれがありますが、死亡例の大半は体温が28℃を下回った場合です。

診断と治療

低体温症の診断には、直腸の体温を測ります。普通の体温計では体温があまり下がると正確に測定できないため、重度の低体温症の場合には特別な温度計が必要です。

低体温症の初期であれば、乾いた温かい衣類に着替えさせ、熱い飲みものを飲ませることで回復します。意識不明の場合は、体温がそれ以上失われることを防ぐため、乾いた温かい毛布にくるみます。ただちに救急車で病院に運ぶ手配をし、できれば救急車を待つ間も暖かい場所に移動させます。心拍が非常に弱まり、脈が触れず、鼓動が聞こえないこともあります。低体温症の人を急激に動かすと不整脈が起こって死に至ることがあるので、そっと注意深く運びます。同じ理由で、呼吸が止まってさえいなければ、ごく浅い呼吸の場合も病院に着くまで心肺蘇生(CPR)は行いません。訓練を受けていない一般の人にはごく弱い呼吸や心拍を判定することが難しいため、病院以外では低体温症の人にCPRを行うべきではないという意見があるためです。

病院では、温かい酸素を吸入させたり、温めた輸液を静脈から点滴したり、腹腔や胸腔に挿入したカテーテル経由で注入して温めます。さらに血液透析装置(血液を体外に取り出し、加温装置のついたフィルターを通過させて体内に戻す)や人工心肺装置(血液を体外に取り出して温め、酸素を加えて血液を体内に戻す)を使って温めることもあります。

低体温症で病院に運ばれ、搬送時には生命反応がみられなかった人でも、その後回復した例があります。このため患者の体が十分に温まり、それでも生命反応がみられないと判定されるまでは、蘇生のための医療行為を続けます。

個人情報の取扱いご利用条件