メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

動物によるかみ傷

-
-

どんな動物もかむことはありますが、米国におけるかみ傷(咬傷)の原因の多くはイヌと、イヌよりかなり少ないですがネコによるものです。家庭のペットとして飼うことが一般化し、イヌの場合、自分の飼い主やなわばりを守ろうとして発生した事故が一番多くなっています。ほとんどは小児ですが、毎年10〜20人がイヌにかまれた死亡事故が発生しています。ネコは自分のなわばりを守るためではなく、多くは何らかの理由で人間が押さえつけようとしたり、ネコ同士のけんかを止めようとしたときなどにかみつきます。ウマやウシ、ブタなどの家畜がかみつくことは多くはありませんが、かまれた場合は、サイズが大きく力が強いことから重傷になります。野生動物にかまれることは非常にまれです。

イヌのかみ傷の多くはギザギザで裂けたような傷口になります。ネコのかみ傷は深部まで到達し、頻繁に感染症を起こします。傷口が感染すると痛みや腫れがみられ、赤くなります。狂犬病(脳と脊髄の感染症: 狂犬病を参照)は、感染している動物(最も多いのはコウモリ)を媒介に伝染します。狂犬病のワクチン接種が普及しているため、米国内のペットではほとんど発生していません。

治療

動物にかまれたら、まず応急処置(知っておきたい応急処置: 外傷を参照)を行ってからすみやかに病院に行きましょう。できれば飼い主は動物を檻に閉じこめるようにします。かみついた動物がつながれていない場合は、捕獲しようとしてはいけません。警察に連絡をして適切な専門家に依頼し、動物に狂犬病の徴候がないかを調べるようにします。

動物によるかみ傷は、滅菌食塩水(生理食塩水)やせっけんと水で洗浄します。傷口が裂けていたり、ギザギザになっている場合には傷口の端を整えます。顔面の傷は外科手術を行って縫合します。傷が軽い場合、刺し傷、手のかみ傷の場合は縫合しません。抗生物質を内服して感染を予防します。かみ傷から感染している場合は抗生物質を静脈から投与します。

個人情報の取扱いご利用条件