メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

人間によるかみ傷

-
-

人間の歯はそれほど鋭くないので、人によるかみ傷の多くは傷を受けたとしても、あざや浅い裂け目(裂傷)程度です。例外は耳や鼻、陰茎などの突き出している部分をかまれた場合で、重症になることがあります。けんかでかまれたり、誰かを殴ったときに、握りこぶしが相手の歯にあたって傷が生じた場合は、感染が起こる可能性が高くなります(手の障害: かみ傷による感染症を参照)。この場合、指関節を通る腱が引き裂かれることもあります。ときには、かみついた人からかまれた人に肝炎などが感染することがありますが、HIVが感染することはまずありません。

症状と診断

かみ傷は痛みがあり、多くは皮膚に歯形のあとが残ります。こぶしが相手の歯にあたった場合は、指の関節に小さく真っすぐな切り傷が残るだけです。指の腱が裂けると、ある方向に指を動かすのが困難になることがあります。かみ傷が感染していると、激しい痛みを感じ、赤くなって腫れます。

治療

人間によるかみ傷は、動物と同様に滅菌食塩水(生理食塩水)やせっけんと水で洗浄します。かみ切られた場合は再接合させ(切断した手指の再接着を参照)、手の傷を除いて、裂けた傷は手術で縫合します。人間にかまれた場合は、抗生物質を服用して感染を予防します。傷口が感染している場合は、抗生物質で治療しますが、多くは外科的に切開して傷口を洗浄しなければなりません。かみついた人に伝染性の病気があると疑われる場合は、予防的治療が必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件