メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

毒ヘビによるかみ傷

-
-

米国には、およそ25種類の米国原産の毒ヘビがいます。毒ヘビにはマムシ類(ガラガラヘビ、アメリカマムシ、ヌママムシ)、サンゴヘビ類などがあります。大まかに言うと、米国では毎年およそ4万5000人がヘビにかまれ、そのうち毒ヘビは8000件未満で、約6人が死亡します。マムシ類にかまれても、約25%では毒は注入されていません。死亡事故の多くは、小児や高齢者、治療を受けなかったか治療が不適切な場合に起こっています。米国では、毒ヘビにかまれた例の約70%はガラガラヘビによるもので、死亡事故はほぼすべてガラガラヘビが原因です。その他の毒ヘビによるかみ傷はアメリカマムシ、次いでヌママムシによるものです。サンゴヘビやその他の輸入されたヘビによるかみ傷はまれです。

写真

サンゴヘビ

サンゴヘビ

ガラガラヘビや他のマムシ類の毒液はかみ傷の周辺の組織に損傷を与えます。ガラガラヘビの毒は、血球を変化させ血液が凝固するのを阻害し、血管に損傷を与えて血液を漏出させます。このような変化のために内出血、心不全、呼吸不全、そして腎不全を引き起こします。サンゴヘビの毒液は神経系の働きに影響しますが、かみ傷の周辺の組織にはほとんど損傷を与えません。ヘビにかまれるのは大半が手や足です。

症状

毒ヘビによる中毒の症状は、ヘビの大きさと種類、注入された毒物の量と毒性、かまれた部位、かまれた人の年齢や基礎疾患によって大きく異なります。マムシ類のかみ傷では、毒が注入されるとすぐ痛みが生じます。20〜30分で赤くなって腫れが生じ、数時間以内に脚や腕全体に広がります。ガラガラヘビによるかみ傷では、指やつま先や口の回りにヒリヒリする痛みやしびれが生じたり、口の中に金属やゴムのような味がします。その他の症状には、発熱、寒気、全身の脱力、失神、発汗、吐き気、嘔吐があります。特にモハベガラガラヘビにかまれた後には呼吸困難がみられることがあります。頭痛、視力障害、眼瞼が垂れ下がる、口の乾きなども生じます。

写真

ガラガラヘビの咬み傷

ガラガラヘビの咬み傷

マムシ類による中等度と重度の中毒では、多くはかまれた3〜6時間後に皮膚にあざが生じます。かみ傷の周りの皮膚はひきつって変色し、患部に血が混じった水疱が生じます。治療を行わないとかみ傷の周辺組織は破壊されます。歯肉から出血したり、嘔吐物、便や尿に血液が混ざることもあります。

サンゴヘビによるかみ傷ではすぐに痛みや腫れが生じることはほとんどなく、重い症状が現れるまでに数時間かかることもあります。かみ傷の周りがチクチクしたり、周辺の筋肉が脱力することもあります。続いて筋肉の不調和と全身の脱力が起こります。そのほかに視覚障害、唾液の増加、発話困難や嚥下困難が起こります。非常に強い呼吸障害が起こることもあります。

診断

救急治療にあたる人はヘビが有毒か、毒液が注入されたかを判断する必要があります。かまれたあとをみると、毒ヘビかどうかわかることもあります。毒ヘビは、通常1つか2つの大きなキバのあとの傷を残すのに対し、毒のないヘビは複数の小さな傷が並んでいます。どのようなヘビであるか詳細がわからないと、治療が難しくなりますが、毒が注入されたことは、特有の症状が進行することでわかります。ヘビにかまれた場合は一般的に8〜12時間、医療機関で様子を観察します。いくつかの検査を行って毒の影響を調べます。

治療と経過の見通し

毒ヘビにかまれた場合は、ヘビが再び襲ってこない場所まで離れ、できるだけ落ち着きじっとさせ、すぐに最寄りの医療機関へ搬送します。かまれた腕や脚は動かさないように軽く固定し、心臓より低くします。指輪、腕時計、きつい衣類はかまれた場所から除きます。アルコールやカフェインの入った飲食物は避けるべきです。止血帯や氷のうを使ったり、傷口をカットするのは危険ですからやめましょう。

毒が入っていない場合は、普通の刺し傷と同じように治療します(知っておきたい応急処置: 外傷を参照)。毒が入っていて症状が重い場合は、解毒薬の使用が最も大切で、早く投与するほど高い効果が得られます。解毒薬は静脈内から投与され、毒の効果を中和し、米国では原産の毒ヘビの全種類に対応した解毒薬が入手可能です。マムシ類の解毒薬は馬の血清から作られますが、高い頻度で血清病(外来のタンパク質に対する免疫システムの反応)が起こります。最近の解毒薬はヒツジの抗体断片を精製したもので、安全性は非常に高くなっています。

血圧が下がっている場合は点滴で水分を補給します。血液が固まらず出血が止まらない場合は、新鮮凍結血漿や濃縮凝固因子(クリオプレシピテート)、血小板輸血を行います。

治療結果の見通し(予後)は、かまれた人の年齢、健康状態、かまれた部分、有毒成分によって異なります。毒ヘビにかまれた場合は、すぐに適切な量の解毒薬で治療すれば、ほとんどの場合、助かります。

血清病とは

血清病は、血液中に大量に入りこんだ異物のタンパク質に対する免疫系の反応です。外部からのタンパク質で最も多いのはウマの血清で、解毒薬の多くに含まれる成分であり、毒ヘビやクモにかまれたり、サソリに刺されたときに使用します。血清病の症状には発熱、湿疹、関節痛があります。まれに腎臓の障害から死に至ることがあります。血清病は、ジフェンヒドラミンなどの抗ヒスタミン薬やコルチコステロイド薬で治療します。ウマの血清を含まない解毒薬では、血清病になることはほとんどありません。

個人情報の取扱いご利用条件