メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

ミツバチ、ジガバチ、スズメバチ、アリによる刺し傷

-
-

ミツバチ、ジガバチ、スズメバチによる刺し傷は米国全土で多く発生しています。一部のアリも刺すことがあります。一般的には体重450グラムあたり10回程度までは刺されても死に至ることはありません。つまり平均的な体重の成人は、1000回以上刺されても耐えられますが、子供は500回程度刺されると死に至る危険性が出てきます。アレルギーがある場合は、1回刺されただけでアナフィラキシー反応(生命の危険のあるアレルギー反応で、血圧の低下や気道の閉塞が起こる(アレルギー反応: アナフィラキシー反応を参照))によって死に至ることがあります。米国ではハチに刺されたことによる死亡事故は、ヘビによる死亡事故の3〜4倍も多く発生しています。最も攻撃的なタイプのミツバチはアフリカミツバチで、これらは南米から北上して米国南部のいくつかの州に生息しています。群れで攻撃するために、このミツバチに襲われると、他の種類のハチよりも重症になることが多くあります。

米国南部の特にメキシコ湾岸地域、ハリアリが群生している都市部の住人は、多い年には1年に40%の人が刺され、毎年30人以上が死亡しています。

症状

ハチに刺されると多くの場合、すぐに痛みと直径1センチメートル程度の赤い腫れを生じます。2〜3日のうちに腫れが直径5センチメートル以上になることがあります。感染症と間違われることもありますが、ハチの刺し傷が感染を起こすことはほとんどありません。

ハリアリによる刺し傷は、通常即座に痛みと赤い腫れを生じますが、45分以内には消失します。その後水疱を生じ、2〜3日のうちには破裂して患部が感染しやすくなります。水疱の代わりに赤く腫れたかゆみを伴う斑が生じることもあります。神経の炎症が生じて、けいれん発作が起こることもあります。

写真

ハリアリの刺し傷

ハリアリの刺し傷

治療

ハチの針が皮膚に残っていることがあります。どのような方法でもかまわないので、できるだけ早く針を除去します。刺し傷に氷を載せると痛みは軽減されます。抗ヒスタミン薬、鎮痛薬、コルチコステロイドを含むクリームは効果があります。ハチのアレルギーがある人は、アナフィラキシーやアレルギー反応を防止するエピネフリンを充てんした注射器を携帯するようにします。

ハチに刺されて重いアレルギー反応を生じたことがある人は、脱感作療法(アレルゲン免疫療法)(アレルギー反応: アレルゲン免疫療法(減感作療法)を参照)を受けて、アレルギー反応を予防します。

個人情報の取扱いご利用条件