メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

虫によるかみ傷、刺し傷

-
-

米国では、かんだり血を吸う昆虫は、サシチョウバエ、ウシアブ、メクラアブ、蚊、ノミ、シラミ、トコジラミ、サシガメ、一部の水性昆虫が最も多くみられます。これらの昆虫にかまれた傷は、唾液中に含まれる成分により刺激を受けます。傷の多くは小さな、赤い、かゆみを伴う腫れを生じる程度です。腫れや痛みを伴う広範囲のびらん(潰瘍)が生じることもあります。その昆虫に対するアレルギーがあったり、かまれた部分が感染を起こした場合は、症状が重くなります。

かまれた傷口は洗浄し、抗ヒスタミン薬、鎮痛薬、ステロイドを配合した軟膏(なんこう)を塗るとかゆみや痛み、炎症が緩和されます。かまれた場所が数カ所に及ぶ場合は、経口薬の抗ヒスタミン薬を使用します。アレルギー反応がみられた場合は、すぐに病院で診察を受けるか、エピネフリンを充てんした注射器が入った緊急用アレルギーキットを使います。

個人情報の取扱いご利用条件