メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

サソリによる刺し傷

-
-

北米に生息するサソリの場合、刺されても重症になることはほとんどなく、多くはわずかな腫れや圧痛を生じたり、刺された部分が熱をもったりする程度です。しかしアリゾナ州、ニューメキシコ州、カリフォルニア州のコロラド川沿いに生息するバークスコーピオン(セントルロイデス - エキシリカウダまたはスクルブトゥラトゥス)には強い毒があります。刺されると痛みが起こり、刺された周辺にしびれやヒリヒリ感を生じます。小児は重い症状を起こすことが多く、頭・首・眼の異常な動きや、唾液の増加、発汗、不穏状態になります。筋肉の不随意的な収縮や引きつりが起こります。呼吸困難も生じます。

北米のサソリに刺されても、特別な治療はほとんど必要ありません。傷口に氷を置くと痛みが緩和されます。また抗ヒスタミン薬、鎮痛薬、ステロイドを配合した軟膏を塗っても痛みは軽減します。セントルロイデス属による刺し傷は重い症状を引き起こします。ミダゾラムなどの鎮痛薬を静脈から投与します。セントルロイデス属の解毒薬を使用すると急速に症状は軽減しますが、重いアレルギー症状や血清病を引き起こすことがあります。解毒薬はアリゾナ州内でのみ入手可能です。

個人情報の取扱いご利用条件