メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

緊急時にまず行う対応

-
-

真っ先に優先するのは、気道(Airway)、呼吸(Breathing)、血液循環(Circulation)があるかを判定することです(救急のABC)。このどれか1つにでも問題がある場合、すぐに対処しなければ死亡します。気道(A)とは、のどから肺に空気を送る通路のことで、ふさがることがあります。呼吸(B)はさまざまな病気やけがによって止まってしまうことがあります。心停止が起こると血液循環(C)も止まります。

次に優先されるのは、すぐに救急車を呼ぶことです(ただし窒息や心停止の場合には、救急車を呼ぶ前に救命救急処置を行います)。米国では911番に、日本では119番に電話します。電話では、病人・けが人の状態と、どのように事故や病気が起こったかを、すみやかにできるだけ詳しく伝えましょう。通報者は救急隊の指示なしに電話を切ってはいけません。救助者が複数いる場合は、1人が救急車を呼び、その間にもう1人が応急処置をします。

救急隊に連絡したら、他の治療を始める前にABC(気道・呼吸・血液循環)を確認します。必要な場合は心肺蘇生(CPR)(知っておきたい応急処置: 応急処置を参照)を行います。

けが人が大勢いる場合は、初めに最も重傷の人の手当てを行います。誰が最も急を要するかを決めるのは難しいこともあります。痛みを訴えている人は意外と軽症であることが多く、呼吸困難や心停止を起こしている重症者は症状を訴えることができず静かなことが多いものです。優先順位の判断は、けが人1人あたり1分以内で、すばやく行います。1人ひとりについて、(1)命が危険である、(2)命の危険はないが救急治療が必要、(3)救急治療の必要がない、かを救助者は判断していきます。心停止や大量出血は命にかかわる状態ですが、骨折はたとえどんなに痛くても、治療が遅れたために命を落とすことはありません。

本人から受傷時の情報が得られない場合には、他の方法で治療に役立つ情報を得る必要があります。たとえば、意識を失った人のそばに空になった薬の容器があった場合は、それを救急隊員に渡します。目撃者、家族、救助者が、どのように事故が起きたかなどの状況を詳しく救急隊員に伝えることも大切です。これらの段階が済んだ後で、けが人を励ましたり、毛布をかけて安静と体温を保つなど簡単な処置を施します。

HIVやB型肝炎などの重大な感染症は、血液から感染します。特にけが人の病歴がわからない場合、救助者は傷口からの血液に触れないようにします。感染予防のためにゴム手袋を使うのが一番です。ゴム手袋がない場合には、ビニール袋を使うこともできます。たとえば食品保存用のビニール袋や防水性のあるスーパーの袋などを使います。血液に触れてしまった場合は、できるだけ早く、手をせっけん水か漂白剤を薄めたもの(水約1リットルに対して漂白剤大さじ1を溶かす)で、爪の間までていねいに洗います。唾液や尿に触れた場合の感染のリスクは、血液感染のリスクに比べて低くなっています。

個人情報の取扱いご利用条件