メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

心停止

-
-

心停止は、人が死ぬときに呼吸や心臓が止まる状態で、体内の酸素が欠乏する状態をいいます。心停止が起こった最初の数分以内は助かる可能性があります。しかし時間がたつほど助かる可能性は低くなり、助かったとしても脳に損傷が残る可能性が高くなります。

心停止が起こると、人は呼吸をしないでじっと横たわり、問いかけや体を揺するなどの刺激に対してもまったく反応しません。このような状態の人には、まず大声で「大丈夫ですか」と声をかけ、意識があるかを確認します。反応がみられない場合は、救助者は患者をあお向けにして、呼吸が停止しているかを見て、聞いて、感じることで確認します。つまり胸が上下に動いているかを見て、呼吸音を聞き、患者の口元に顔を近づけて空気の動きを感じ取ります。呼吸をしていない場合は口やのどを調べて、気道をふさいでいるものがないかどうかを確認します。

応急処置

心停止の場合、一刻も早く応急処置を行う必要があります。自動体外除細動器(心拍を再始動させる装置)があれば、ただちに使用します。次に救急車を呼びましょう。呼吸の再開がみられない場合は、心肺蘇生(CPR)を行います。心肺蘇生とは、人工呼吸で肺に酸素を送ることと、胸部を圧迫して心臓から血液を送り出し脳などの生命維持に重要な臓器に酸素を循環させることです。

自動体外除細動器:心臓の再始動

自動体外除細動器:心臓の再始動

自動体外除細動器(AED)は、心室細動という異常な不整脈を検出して修正する装置です。心室細動は心停止を起こします。心停止が起きた場合、除細動器があればすみやかに使用しましょう。除細動を行うと救命の可能性が高くなるので、救急車を呼んだり心肺蘇生(CPR)を始めるより先に除細動器を使用します。除細動器が心室細動を検出すると、電気ショックを与えて(除細動)正常なリズムを回復し心拍を再開させます。除細動器を使用しても心停止の状態が続く場合は、救急車を呼び心肺蘇生を行うべきです。

除細動器は簡単に使うことができます。米国赤十字では、除細動器の使い方の半日講習を行っています。除細動器は機種によって使い方に多少違いがあるので、説明書をよく読んで、その指示に従います。米国では除細動器は、スタジアムやコンサートホールなど多くの人が集まる場所に設置されています。心室細動を起こしやすいと医師に診断された人は、家庭用の自動除細動器を用意し、家族が使えるようにしておくとよいでしょう。

心肺蘇生の技術はトレーニングコースを受けて習得します。米国では米国心臓協会(AHA)、米国赤十字をはじめ、各地の消防署や病院が心肺蘇生のトレーニングコースを開催しています。手法はときおり変更されることがあるので、2〜3年ごとに受講し常に最新の方法を習得することが大切です。

心肺蘇生で最初に行うべきことは、倒れた人の頭、胴体、四肢を同時に動かして、あお向けにすることです。そして気道をふさいでいるものが見えたら、それを取り除きます。次に救助者は、頭部を軽く後ろに傾けてあごを持ち上げます。こうするとふさがっていた気道を広げることができます。呼吸が再開しない場合は、自分の口を倒れた人の口につけてゆっくりと患者の肺に息を吹きこんで、人工呼吸(マウスツーマウス法)を始めます。その際に吹きこんだ空気が鼻から漏れないように、倒れた人の鼻をつまみ、息を吹きこみます。

人工呼吸は小児の場合も成人と同様です。しかし乳児に行う場合は、自分の口で乳児の口と鼻を覆います。乳児の肺は小さいので傷つけないように、成人よりも吹きこむ息の量を少なくします。

人工呼吸を行っても胸の動きがみられない場合は、気道の閉塞を示唆しています。胸の動きがみられたら、ゆっくり深く2回息を吹きこみましょう。

次に胸部を圧迫して心臓マッサージを行います。倒れた人の脇で両膝(ひざ)をつき、腕を真っすぐに立て、患者の上にかがんで両方の手を重ねて胸骨の下半分の部分に置きます。そして胸骨の下半分を大人で約4〜5センチメートル、小児の場合はそれより浅めに圧迫します。乳児の場合は2本の指を乳首の下にあてて、約1.5〜2.5センチメートルの深さで圧迫します。心肺蘇生は1人で行う(人工呼吸と心臓マッサージを交互に行う)ことも、2人で行う(1人が人工呼吸、もう1人が心臓マッサージを行う)ことも可能です。人工呼吸は毎分15〜20回(3〜4秒に1回)の割合で息を吹きこみ、心臓マッサージは毎分80〜100回の割合で圧迫します。心肺蘇生は救急隊が到着するか、患者が回復するか、救助者が疲れ切るまで、できる限り続けます。

個人情報の取扱いご利用条件