メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

手足や指の切断・圧迫

-
-

手や足の指といった体の一部を切断する事故が起こることがあります。指輪などの体を締めつける器具のために、血流が阻害されて組織が壊死することもあります。指輪や腕輪などをはめている部分が腫れると血行が阻害されるので、しばしばけがをした結果として起こりますが、単純に身に着けているだけで締めつけられることもあります。

切断事故が起きた場合、適切に保存されていれば、病院で再接合できる場合があります。組織を守るために、切断部は乾いたビニール袋に入れて密閉し、その袋を氷の入った容器に入れて病院に持って行きます。冷却にドライアイスを使ってはいけません。

指や腕を締めつけている指輪やアクセサリーは、手足が腫れる前にはずしておきます。弱い力でしばらく引っ張り続けるとうまく抜けます。せっけん水で摩擦を減らすと簡単にはずせることもあります。それでも抜けない場合はすみやかな治療が必要になります。

個人情報の取扱いご利用条件