メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

はじめに

-
-

補完医療や代替医療という用語は、世界各地を起源とするさまざまな治療法や治療的アプローチの総称として使われます。その多くは中国、インド、チベット、アフリカなどで始まった古くからの治療体系をその起源としています。補完医療や代替医療で行われる治療法や医療行為は、大学の医学部で教えられたり、病院で行われることはほとんどありません。また米国では医療保険の支払い対象にもまずなりません。

単独で行われるものを「代替医療」、通常の医療と連携しそれを補う形で行われるものを「補完医療」といいますが、この章では以後は単に「代替医療」という用語を使います。

通常の医療と代替医療の区別を明確にすることは必ずしも容易ではありませんが、両者には根本的な哲学的相違が存在します。現代の医療では一般に、病気のない状態を健康と定義しています。病気の主な原因は細菌やウイルスなどの病原体や生化学的なアンバランスなどで、それぞれを別々の原因としてとらえ、薬や手術で治療します。代替医療ではこれとは対照的に、体というシステム全体の肉体的、情緒的、精神的なバランスがとれた状態を健康と定義し、全体からみた包括的なアプローチを行います。このシステムの調和が乱れると病気になるというのが代替医療の考え方で、体が持つ防御機能を強化し、システムのバランスを回復することで治療を行います。また、代替医療では健康上の問題が起こる前に予防することにも重点が置かれます。

欧米諸国では医療の一環として代替医療に目を向ける人が増えています。1997年には、米国での代替医療の受診件数は6億2900万件を超え、1990年と比較すると47%増加しています。この数は同じ年のプライマリケア(初期診療)を目的とした医師の受診件数の3億8600万件を大幅に上回っています。代替医療を志向する人々の病気として、慢性の腰痛、ストレス、片頭痛、関節炎などが挙げられます。現代医学では治る見込みがほとんどないケースや、終末期を迎えた人などが代替医療に救いを求める場合もあります。

個人情報の取扱いご利用条件