メルクマニュアル家庭版
印刷用画面

セクション

帰国後に起こる病気

-
-

旅行中に症状や病気が発症し、帰国の時点でそれらが治まっていない場合は、医師の診察を必ず受けなければなりません。症状の中には帰国後、数週間から数カ月たって発症するものがあります。海外旅行後の発熱は特によくみられる症状です。旅行と新たな症状との関連はしばしば明らかではありませんが、最近旅行に行ったという情報は、診断確定の上で重要な要因となる可能性があります。

何らかの治療を受けている人が、薬をなくしたり使い切った場合は、帰国後すぐに処方してもらいましょう。

個人情報の取扱いご利用条件