メルクマニュアル家庭版
米国メルク社とメルクマニュアル
メルクマニュアル家庭版
を検索
索引
記号
セクション

知っておきたい基礎知識

薬についての基礎知識

心臓と血管の病気

肺と気道の病気

骨、関節、筋肉の病気

脳、脊髄、神経の病気

心の健康問題

口と歯の病気

消化器の病気

肝臓と胆嚢の病気

腎臓と尿路の病気

栄養と代謝の障害

ホルモンの病気

血液の病気

免疫の病気

感染症

皮膚の病気

耳、鼻、のどの病気

眼の病気

男性の健康上の問題

女性の健康上の問題

小児の健康上の問題

事故と外傷

その他の話題

付録

解剖図

マルチメディア

単位の換算表

一般的な医学的検査

医薬品の一般名と主な商品名

情報源と支援団体

メルクマニュアル家庭版について

セクション

トピック

高齢者のコンプライアンス

高齢者の場合、コンプライアンス自体への加齢による影響はおそらくないとみられますが、身体的・精神的な機能障害、使用する薬が多いこと、薬の相互作用や副作用のリスクが上昇していることなど、高齢者に共通のいくつかの要因による間接的な影響があります。特に、市販薬を服用中にいくつかの薬を服用すると、それぞれの薬をいつのむか覚えておくのが難しくなり、有害な相互作用のリスクが高くなります(薬に対する反応に影響する因子: 薬と薬の相互作用を参照)。1つで2つの目的を兼ねる薬を使用したり、薬の服用回数を減らして投薬計画を簡単にすれば、コンプライアンスの改善と相互作用のリスクの低減を図ることができます。

高齢者では一般に若い人よりも薬の作用が出やすいので、薬の有害反応を起こす可能性が高く、一部の薬では用量を減らす必要があります(高齢者の服薬上の注意を参照)。

ページの先頭へ

前へ: 小児のコンプライアンス

次へ: コンプライアンスの改善方法

アニメーション
オーディオ
イラスト
写真
囲み解説
ビデオ
個人情報の取扱いご利用条件